オーディオマニア垂涎のレアなアイテムがズラリ

ホール トーン シティ ヨコハマ(横浜・東神奈川)

retroism〜article32〜

 アルニコ。この甘美な響きにオーディオファンは熱狂する。オールドファンならなおさら、この言葉を聞いただけで、思わず立ち止まり振り向くはずだ。

あらゆるスピーカーが試聴可能な店内には、シアターキングシリーズがズラリと並ぶ。好みの一台をじっくりと吟味したい

 1970年代の終わりまで、スピーカーに使われていたアルニコ磁石。アルミニウム、ニッケル、コバルトを原料とする磁力の強いこの磁石が、スピーカーの音を左右し、頂点まで押し上げると言い切るのが、「ホール トーン シティ ヨコハマ」の鈴木真奈美さんである。

「私たちが言うヴィンテージは、かつて、マランツやジェンセン、アルテックなどが自社で作っていた製品を指します。今は、名前だけが残っているメーカーもありますが、それらは古くても、ヴィンテージとは呼びません」。そしてスピーカーのヴィンテージが、アルニコであると、鈴木さんは断言する。

20cm口径のローサーPM-6Aを搭載したスピーカーシステム。全ての音域をクリアに再現

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする