古いシトロエンが教えてくれる新しいカーライフ

ジャベル(東京・荏原)

retroism〜article4〜

「昔の車は、金属とゴムでできています」。いきなりそう切り出した代表取締役の竹村洋一さん。「ジャベル」で、シトロエンの中古および新車の魅力を発信し続けるスペシャリストだ。

1973年製、DS23IE Pallasは、シトロエン専用の油圧を使用した半自動ミッション。独特の、吸い込まれるようなギアシフトの操作感が最大の魅力

「パーツが残っている車はいつまでも生き続けます。コンピュータなんか入っていない。機械そのものです。だから腕のいいメカニックにかかればちゃんと直る。なんだか、生きものに近い気がします」 。それに比べて、今の車はコンピュータでできていると、竹村さんは目を伏せる。

「樹脂とコンピュータの塊だから、ブラックボックスがいっぱいついていて、それらが壊れたらそこを交換するだけ。修理もへったくれもない。もっと言えば使い捨てなんです。素晴らしい性能は持っているかもしれないけれど、1台の車を気に入ってずっと乗り続けたい人にとっては、面白みはないし、寂しく感じると思います。実際に僕も寂しい」。竹村さんの辛辣(しんらつ)な言葉は続く。決して、昔は良かったというような、後ろ向きの話ではない。車が本当に好きだからこその、いわば愛の鞭(むち)だ。

元々は装備されてなかったエアコンなどを付加することで、往年の名車を快適に乗れるように整備する。それがジャベルの真骨頂だ