じゃじゃ馬なジュークボックス

BAR FACTORY(横浜・曙町)

retroism〜article14〜

 まるで、はすっぱな女のように悩ましい。でも、ひとたび音を奏で始めると、聴くものの一番気持ちいいところを、グイグイと攻めてくる。ジュークボックスは決して懐古趣味を満足させるものではなく、現役ばりばりの上質な音響機器である。

曲のラインアップから、笠井マスターの音楽の嗜好や人柄まで透けて見える

 「湿度の問題だと思うんだけど、ものすごくいい音で鳴る時があるんだよ」。マスターの笠井光一さんはそう言った後、「まあ、音の聞こえ方は、酒の入り具合にもよるんだけどね」と笑って、たばこに火をつけた。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!