ココロ躍る憧れの昭和を体感できる喫茶店

喫茶セピア(東京・柴又)

retroism〜article48〜

 「レトロは楽しいですよ。懐かしさに胸がキュンっとなります。子供の頃の思い出と一緒にあるからですかね」。東京・柴又の最もにぎやかな場所から、ほんの少しだけそれた場所にある「喫茶セピア」。入り口に立つと、かつての少女マンガに出てきそうな店内にココロが踊る。店を営むのは長谷沢貴世子さんである。 懐かしいモノでいっぱいの2階。奥の部屋には、家電や炊飯器、洗濯機なども飾られている

 「あの頃のことを思うと、また頑張ろうって思えるんですよね。なぜなんですかねえ」。昭和30〜40年代は、あらゆるモノや事柄に、パワーあふれる時代だった。ファッションにしても、音楽にしても、また漫画などのサブカルチャーや風俗の中にも、勢いがあった。長谷沢さんの言葉は、その頃の状況を端的に言い表していた。「5歳ぐらい若返るってお客さんに言っていただきますね」

マネキンが首から下げていたのは客が置いていったオリンパスOM-2。店内に飾rれれている懐かしいモノは客から提供されるものも少なくない

 喫茶店を開きたいという思いは、随分前から温めていた夢だった、と長谷沢さんは目を輝かせる。「女の子の間では『りぼん』と『なかよし』が人気ありました。物語の中に登場する、洋服を含めたライフスタイルまで、乙女チックな可愛いものが登場するのも楽しかったのですが、必ず喫茶店が描かれていたんです。そんな喫茶店をやってみたいというのが夢でした」

チャンネルを回すタイプではなくなった頃のテレビ。
テレビの下には、一時期はやったミニボトルが並ぶ。
回転式チャンネルのテレビも別の部屋にある    

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!