100年続く写真館が提供するセピア色の思い出

柳田写真館(神奈川・横須賀)

retroism〜article47〜

 ひとりの力では作り得ないものがある。「創業100年超」という歴史も、何人もの手を経て磨かれ、培われて初めてなし得ることだ。1914(大正3)年創業の「柳田写真館」は、現館主・柳田隆司さんの祖父・浅次郎さんが始め、100年を超えて今も生き続ける。神奈川・横須賀の丘の上で、地域の人たちと繋がりながら、彼らの人生のひとコマひとコマを活写し続けてきたのだ。

じゃばらのボディが郷愁を誘うカメラ は、ついこの前まで現役だったという

 柳田写真館では、往年の写真スタジオにあった品々が、今でも大切に使われている。例えば「背景」だ。一枚の記念写真が生まれる時の名脇役である。「6〜7枚ぐらいあります。中でも、この一枚は、昔から気に入っていたものです。傷んできたので最近描き直してもらいました」。そう言った柳田さんが見せてくれたのは、細い柱が画面右側にあり、足元には、アジサイに囲まれた小道が描かれた背景だった。「柱は昔のまま、現代の服装に合うように明るい色調にリメークしてもらいました。これは、初代が好んで使っていた背景なんです」。日差しがたくさん当たって暖かそうな、かつてどこかでみた気にさせる懐かしい風景だ。お気に入りの「背景」の前で、写真館に対する思いを語る柳田さん  

 用途に合わせて使い分ける椅子も、写真館にはなくてはならない小道具。昔ながらのあらゆる形状の椅子がここでは健在だ。「古いものなので、張り替えたものもありますが、創業当時からいまだに現役です」。アールヌーボーを思わせる布地を貼ったベンチがあり、背の低い猫足スツール、渋いあめ色の丸椅子などが、しっかりと残る。店主のトラディショナルな写真館への愛情がジンワリと伝わってくる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!