レトロ建築探訪其の壱

東京(神田→高輪→銀座→茅場町→江戸川橋・護国寺→蔵前・両国)

retroism〜article117〜

カトリック神田教会(東京・神田)

(上)カトリック神田教会。最初に教会ができたのは、1874(明治7)年だが、関東大震災によって焼失。現在あるのは、1928(昭和3)年に、新しい時代とルネッサンス精神を意識したロマネスク様式が採用されている(中)質素な飾りのついた門扉越しには、聖堂に寄り添うようにガス塔を模したライト(下)2階も合わせて15のステンドグラスをあしらった窓がある。1階部分の窓は、2つの正方形と4つの長方形の6つのステンドグラスによって構成されている。写真は旧約聖書に登場する預言者エゼキエルが語った新しい命を表す緑の山が描かれたものだ

高輪消防署二本榎出張所(東京・高輪)

(上)「ジャーマン・エクスプレッショニズム(ドイツ表現主義)」は、第一次世界大戦前後、世の混乱の中で生まれた。表現者の主観や内面が作品に直接反映されているのが特徴だ。そのスタイルを取り入れた消防署が、住宅街に忽然(こつぜん)と現れる様は、ある意味幻想的ですらある。鉄筋コンクリート造り(地上3階建て)。強度と美しさを併せ持つ花こう岩が1階の腰壁に使われた手のこんだ造りだ(中)3階講堂天井の中心にあるシーリングライトに向かうように配された梁(はり)が美しい(下)木製の扉は真ちゅう製のノブがついていて見るからに古い

三吉橋(東京・銀座)

(上)橋は、川を真っ直ぐ横切るのが常だが、中央区役所の前には、三方向に架かる珍しい橋がある。かつて築地川が南方向に曲がっている地点に、楓川と結ぶ水路(楓川・築地川連絡運河)が掘られ、川自体が三叉(みつまた)状になった。三叉の橋がかけられたのは関東大震災後。1929(昭和4)年の復興計画の一環だった。その頃にはまだ川が流れていて、人々の暮らしに密着していた。酒荷などの船にも情緒があったという。現在は埋め立てられて首都高速道路になっている(中)首都高速道路の上には転落防止や防音のためと思われる屋根がついているが、鉄板製のため茶色くさびていて郷愁を誘う(下)92(平成4)年から翌年にかけて、歩道に樹木を配し、昔ながらのスズラン燈をつける(電球自体はLED)など、古い風情を残す試みがされている

鉄鋼会館(東京・茅場町)

(上)戦後の産業をリードしてきた鉄鋼業界の「鉄の館」である「鉄鋼会館」は、1966(昭和41)年に完成した。当時の先端鋼材がふんだんに使われ、当時としては画期的な建物として人々の注目を集めた。最新の工法、構造材や新建材であるステンレス鋼、塗装なしで使ってもさびることが少なく、腐食も内部に進まない鋼材を用いるなど、建物そのものが鋼の博物館といった趣である。構造体だけでなく、外装、内装、設備、家具装飾品などの細部にわたってステンレスなどの鉄鋼製品が使われているのが特徴だ(中)数年前までは蛍光灯が使われていた(下)長丸状の窓は、かつて最先端と言われていたオールステンレスの列車をイメージしたデザインである。光の反射がまるで未来を照らすようだ

東京カテドラル聖マリア大聖堂(東京・江戸川橋・護国寺)

(上)近代的な形状と構造で構成された世界の丹下健三の作品。滑らかな曲面で、一見すると教会とは思えない。実はこの教会が完成した同じ1964(昭和39)年、国立代々木競技場も建てられている(中)フランスの南西ピレネー山脈のふもとにある街・ルルド。霊泉が湧き出たという洞窟が教会敷地内に再現されており、聖母マリアが見下ろすように安置されている(下)大聖堂の脇の鐘塔。高さは16.68㍍.。雲の切れ間からのぞく太陽との共演は、神が何かを告げているようにも見える

蔵前橋(東京・蔵前・両国)

(上)蔵前橋通りが隅田川に架かるのが蔵前橋。関東大震災から復興時、1927(昭和2)年に完成した。アーチ形の構造の上部に路面がある上路式。シンプルで水上からの見通しも良好だ。力士のレリーフが施された高欄を歩くのも楽しいが、橋の真下に辿り着ける遊歩道から見るシンメトリー(左右対称)の構造も美しい。黄色に塗装されているのは、江戸時代の米倉をイメージしている(中)橋の下は、新旧の遊覧船や運搬船などがひっきりなしに通る。隅田川がいまだ生き続けている証拠だ。23)松本零士氏がデザインした近未来的な遊覧船ホタルナを、アオサギが羽を休めながら橋脚の土台で眺めていた(下)蔵前橋のたもとにある浅草御蔵跡。この辺りには、江戸時代に年貢米や買い上げ米などを収納・保管した蔵が並んでいた。ただ蔵前という町名は1934(昭和9年)になってからつけられた

あとがき

 全国どこの街を歩いていても、景色がさほどかわらない今の日本。同じような建物、全国展開している大型店舗や飲食チェーン、コンビニなど、その街「らしさ」が消えていくのは寂しい。東京でも同じことは起こっている。しかしである。たまたま見かけた建築物に、思わず足を止めてしまうこともまだまだある。昭和に建てられた建造物が現役で頑張っているのだ。

 日本における現代建築は、大きく二つの時期に分けられる。明治維新から第二次世界大戦前と、戦後から現在までである。大正から昭和前半、文明開花以来、日本は近代化を目指して、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカなどの西洋建築を盛んに模倣し始めた。キーワードは、19世紀に発明され20世紀完成を見た「鉄、コンクリート、ガラス」である。それぞれが、機能主義的、合理主義的な近代建築の重要な要素だった。そんな建築史を背景に日本人ならではの美学を取り入れたモダンなスタイルの建物が出来上がっていった。特に戦後の建物には、元気を取り戻しつつあった頃から高度経済成長期のイケイケになった頃までの熱が、いまでも鮮やかに放たれている。

 不思議なのは、建物だけを見ると多くの時間が過ぎ去っていった感じが確かにあるのに、存在自体に違和感がほとんど感じられないことだ。自然に街と一体化している。それは、昭和の建物が、キラリと光る魅力をまだまだ失っていないからである。

文・今村博幸 撮影・JUN

  

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする