子供たちの幸せが散りばめられたぬり絵の美術館

ぬりえ美術館(東京・町屋)

retroism〜article113〜

自分の感性を「色」で紡ぎ出していくぬり絵は、素朴な子供の遊びである。昭和20〜30年代に大流行した。

子供たちは、可愛い洋服をお気に入りの色で染めていった。彼女たちの心の中は、塗った色以上の彩(いろどり)が広がっていたはずだ

 当時最も愛された画家の一人きいち(蔦谷喜一)氏の作品を中心に、来館者からの寄贈品や外国製、着せ替え人形などを所蔵・展示するのが東京・町屋にある「ぬりえ美術館」である。オープンは2002(平成14)年だ。館長の金子マサさんが説明する。「銀座にある化粧品の会社に勤めていた時、年に数回フランスに出張していましたが、現地の人たちに、『あなたのアイデンティティーはなんですか?』というような質問をよく受けたんです」。その時、日本は島国だから、自国のことを知らなくても、それに気付くことすら少ない。多くの人が知らないままで済ませてしまっている。

塗り絵といえば「きいちのぬりえ」。
洒落(しゃれ)者で多芸多才だった

「私は、日本人なのに、日本のことを知らないと思い知らされました。そこで、歌舞伎や骨董(こっとう)品など日本の文化について勉強するようになったのです」1980年代終わりに、日本のアニメや漫画が世界で注目され始めると、金子さんは改めて思いを巡らしたと言う。「塗り絵も日本の文化かもしれない」と。ならば残す価値はあると考えるようになった。伯父にあたるぬり絵画家のきいち氏の作品が残っていたことが、そんな自分の思いと結びつく。有名画家や写真家の作品がアートの最高峰にあり、子供の遊びであるぬり絵画家は下に見られる時代でもあった。

きいち氏が最も人気を博した頃の塗り絵。時代によって、顔が小さくなり、足も細くなっている

「以前、高畠華宵さんのご子息の話を聞いたことがありますが、挿絵で有名な画家でさえ挿絵を描いていることにコンプレックスがあったというのです。ましてや子供の遊びであるぬり絵ですからね。でもその時私は逆に、伯父の作品も文化に違いないと認識しました。そして文化として残したいと強く思って開いたのがこの美術館です」

引き出し式の展示ケースを開けていくと、ぬりぬり絵の多様性が見て取れる

 最初は飾る作品も多くはなかった。でも、当時きいち氏の絵は毎月100万部売れていた。「きいちに会いたいと思ってくださる方は、きっとどこかにいるはずだと思いました」実際にオープンすると、寄贈してくれる来館者が多く現れる。「今は収集も仕事のひとつになってます。年に何回も展示替えができるぐらい、多く集まってます」もともと美人画を習っていたきいち氏は40(昭和15)年から「フジヲ」のペンネームでアルバイトとしてぬり絵を描き、子供たちから絶大な人気を博していた。しかし戦争が状況を一変させる。あらゆる物資は不足していった。当然のように、ぬり絵に必要な紙も色鉛筆もクレヨンもなくなった。しかし戦後すぐ47(昭和22)年に、きいち氏はぬり絵を再開する。灰色と化した街に登場したのが、「可愛らしい」女の子が素敵な洋服を着て鮮やかな「色」とともに登場したのである。

きいち氏は着せ替え人形も制作した。引き出しの中には子供の遊び道具が並べられている。「私も着せ替え人形を奇麗な箱に入れて持ち歩き、友達と遊びましたよ」と金子館長

 きいち氏が描くのは子供向けだが、「いかにも子供」という下絵ではなかった。「洋服のセンスも良かった。というのも、彼自身が東京・築地で生まれたお坊ちゃんで、いわゆるモボでしたから、ファッションセンスも良かったんです。はやった頃はかなり忙しかったはずですが、仕事を数日で終わらせて、あとは、日。舞踊や三味線、生け花などをたしなむことで磨かれたセンスが、彼の絵の中に色濃く反映されているんです」丸顔で目が丸くてぱっちり、足が太い。3〜4頭身の女の子が特徴だ。モデルは、アメリカの女優シャーリー・テンプルだったと言われている。絵の中には、季節に合わせた小物も描かれた。正月や豆まき、ひな祭り、その頃の流行したものや風俗も取り入れられ、子供たちにとっては情報誌的な存在でもあった。中心にはもちろん、「きいちの女の子」がほほんでいたのである。

海外のぬぬり絵も展示してある。絵柄など日本との違いが興味深い

 戦争が終わり、全ての国民が明るい未来を自分の心の中に思い描いていた。子供たちは、夢や憧れ、希望を自分の手で生み出していける遊びであるぬり絵に夢中になった。その一つがきいち氏独自の世界に存在していたのである。「貧しかった戦前から、ガラリと変わった世の中に、日本人は、奇麗なものとか楽しいものを求めたと思うんです。それに応えたのがぬり絵でした。見たこともない世界観が目に飛び込んできたので


トイレの入り口にもきいち氏特有の画風の子どもの顔が描かれていた

 そうは言っても、まだまだ「豊か」というには程遠い時代だった。「当初は、(ぬり絵はまだ高価だったため)都会に住む女の子でも買ってもらえなかった人がたくさんいました。買うこと自体が憧れだったという人も少なくなかったでしょう」やがて、ぬり絵が女の子の遊びの中心になっていく。「当時の女の子たちにとって、ぬり絵はキラキラに輝いて見えていました。自分のイメージで色を塗ることが楽しかったし、夢を追いかけていることと同じ意味を持っていました

館長の金子さんは、感想ノートに「ありがとう」の言葉が目立つと言うが、筆者からも「こんな美術館を作ってくれてありがとう」と言いたい

 ぬり絵のブームは、65(昭和40)年を境に、テレビの出現とともに静かに消えた。しかし、金子さんという、一人の女性によって、こうして現物が保存され、見ることができる。「ぬり絵に対して、いまだに「想(おも)い」を持っていらっしゃる方が、少なからずいることを、美術館は教えてくれました」観覧者の中には、かつて自分が塗ったきいち氏の絵を持参する人がいる。「捨てられない自分の思いを、大切に展示してくれる場所があるならそこに収めたい気持ちがあるのだと思う」と金子さんは言う。「中には、お母さんの遺品から出てきたからとおっしゃる方も。やはり捨てられないですよね」。感想ノートには、「こんな良いもので遊ばせていただいてありがとう」というきいち氏に対する感謝の言葉が多いと金子さんはほほえむ。「若い人たちも、絵から感じる、優しさとか温かさ、ほのぼのとしたものに心が惹(ひ)かれているのを感じます」

デザインされた文字でぬりえと描かれているエントランスは実に個性的だ

 戦後しばらく、日本は経済的にはまだ貧しかった。しかし、当時のぬり絵を見ると、日本人の心の中は豊かだったのではないかと思わされる。ぬり絵とクレヨンを買ってもらって、子供たちは幸せだったはずだ。その幸せが、美術館の中に散りばめられている。


                             =©️きいち/小学館

ぬりえびじゅつかん
東京都荒川区町屋4-11-8
📞:03-3892-5391
開館時間:正午〜午後6時(3月〜10月)
午前11時〜午後5時(11月〜2月)
休館日:月曜日〜金曜日(土日のみ開館)
※8月29日まで臨時休館

文・今村博幸 撮影・JUN

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする