ピンボールや射的も楽しめる昭和なテーマパーク

柴又ハイカラ横丁(東京・柴又)

retroism〜article20〜

 石川ひとみの「まちぶせ」が店内に流れている。懐かしい曲だ。視線の先には、ヨーグルやよっちゃんイカ、ミルメークなど懐かしい駄菓子が店頭に並ぶ。

かつて若者を夢中にさせたピンボール。コンピュータ
ーゲームでは絶対に味わえない生々しい興奮が蘇る

「もともと、テーマパークとか、古い建物が好きでした。心の中で、いつかは自分でもそんな空間を作りたいという夢を温めていたんです」。柴又ハイカラ横丁の店主・韓永作さんが、店を開いた理由を語る。「懐かしい雰囲気を感じてもらう店にしたいと思っています。大切にしたいのは、空気感です」

腕を伸ばして、銃口を的に近づけるのが打ち方のコツ。1回300円。もう一つコツがあるが、それはスタッフに尋ねると優しく教えてくれる

 最近は、昭和のグッズや駄菓子などを売る店も少しではあるが増えてきた。しかし、柴又ハイカラ横丁と他のと違いは、ピンボールと射的コーナーがあるところだろう。ピンボールは、ひと頃、若者たちを確実に興奮させたゲームだ。銀のボールをプランジャー(ボールをプレイフィールドに打ち出すための先端にゴムのついた金属の棒)で弾く。スタンダップ(ボールを当てると反応する的)とドロップ(ボールを当てると下に落ちる的)両ターゲットにボールが当たるたびに、ティルト(台を揺らし過ぎて起こるゲームオーバー)にならない程度に台をゆすりながら、得点を稼いでいく。最後の砦(とりで)がフリッパー(銀のボールを弾く左右についたバー)だ。目の前に落ちてきたボールを操り、さらなる得点を獲得していく。単純だが、他では得難いスリルを味わえるゲームだった。そして、バックグラス(台の正面後ろに設置されたボード)に描かれた派手な色彩の古いアメリカの風俗や、SF的、または宇宙的な絵などは、まだ見ぬものへの憧れを形にしてくれた気がした。

作り込まれた2階にある、おもちゃ屋さんの再現ジ
オラマ。ファンが泣いて喜ぶおもちゃでいっぱいだ

  一方、神社の縁日に欠かせないアトラクションだったのが射的ゲーム。こちらはさらに単純。ライフルの銃口にコルクの弾を詰めて的(まと)を狙う。的は、箱入りの菓子やぬいぐるみだ。射的で遊ぶ際に不思議に思うのは、その菓子やぬいぐるみが必ずしも欲しいものではないところだ。当てて楽しむだけ。しかし、景品を受け取った時の達成感は、ちょっと他では味わえない魔力に満ちていた。この柴又ハイカラ横丁にある射的コーナーは、射的用品を扱っているところに作ってもらった。「当然、市販品としては売ってませんからね.。最近こういうたぐいのものを作るときには、新しい材料で作って汚し加工をし、それっぽく見せるのが普通だと思うのですが、私が頼んだ人は、古い材料を探してきて作ってくれた。だから見た目がリアルでしょ?」と韓さんが不敵に笑う。もう一つ面白いのが、「射的コーナー」という看板のサブタイトル。横に小さく、「当ててトクする」と書かれている。大変失礼ながら、疑問符をつけざるを得ない(本当に欲しいものがないと言う意味で)。

沖縄限定の元祖ボンカレー「沖縄の人たちはこの味じゃないと満足しないらしいんですよ」と韓さん

 さらに、2階に併設されている「柴又のおもちゃ博物館」も、しっかりと作り込まれた、エキサイティングな空間である。「オープンしたのは、1階の店を開いた2004年の翌年でした。こんなものを置いてみたらって声をかけてくれた人がいたんです」。中央には、スロットカーのコースが設置され、奥へと進むと再現された茶の間がある。所々がすりガラスになった窓から見えるのは、無造作に並べられた白黒テレビや茶箪笥(だんす)、ちゃぶ台などだ。その隣には、宇宙人やロボット、ウルトラマンなどが姿を現す。「業者の人に、ジオラマが欲しいって言ったらこうなりました。凝り性な人だったみたいです。ロボットや宇宙人も自分で作ってくれました」

白黒画面のテレビに映るのは力道山の試合など。中は液晶テレビで外観が古いだけだが、アイテムとして十分に面白い

 その他、文房具や昭和50年代に発刊されたであろう少年マガジンなどの雑誌も並ぶ。博物館に飾られているものは、店を開く時に知り合った人や、近所の人たちから借りているものが多い。どうやら、人との繋がりが重要なポイントになっているらしい。

「店を作っているときから、近所の人が声をかけて寄ってきてくれたり、古い看板を貸してくれたりしました。鉄腕アトムも、近所の方からお借りしています。子供の頃から持っていて押入れの奥にしまわれているものって、大抵は、何かの機会に親に捨てられちゃうパターンが多いですよね。それが捨てられずに残ったモノが結構たくさんありました。それらをお借りして陳列しています」

 古いものを集めているうちに、新しい人との繋がりが生まれた。もちろん、人と出会い続ける以上、楽しい出会いもあるが、せつない出来事だってある。「あるご婦人が店に来て、紅梅キャラメルを探しているとおっしゃいました。病気で入院しているご主人が食べたがってると。でも、残念ながら、今は作られてませんし、私の店にもありませんでした。ちょっと寂しかったし悔しい気持ちでしたね」

店内に並ぶグッズや駄菓子は、数え切れないほどの種類と数。訪れる時には、この横丁で半日潰すぐらいの覚悟が必要だ

  店をオープンして15年。今後はどうなっていくのかを韓さんに聞いてみた。「例えば、射的の銃を扱っている業者さんも非常に少ないし、いたとしても高齢の方が多い。今あるものが維持できればいいのですが、壊れてしまうと直す人がいなくなってしまう不安はあります。何しろ古いものですから。僕の気持ちは、なるだけ長続きさせたいということです。今のところ、これ以上何か新しいことをするつもりはあまりありませんね」

京成金町線柴又駅から帝釈天へ向かう道の途中に店はある。思わず引き込まれてしまいそうな外観。店内には、時間を忘れる空間が広がっている

 韓さんのような人たちがいる限り、日本の古き良きモノたちは、必ずや生き続け語り継がれていく、という希望を捨てずにすむ。

 取材の帰り際、BGMがジュリーの曲になった。カサブランカダンディだ。

しばまたはいからよこちょう
東京都葛飾区柴又7-3-12
📞03・3673・9627
営業時間:午前10時〜午後6時半
定休日:火 (博物館は土・日・祝のみ開館)
http://www2.odn.ne.jp/shibamata/index.html
文・今村博幸 撮影・柳田隆司

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする