レトロ散歩 其ノ肆

神保町(東京・千代田区)

retroism〜article68〜

神保町になくてはならない、老舗喫茶さぼうる。昔と何も変わっていないのがうれしい

老舗喫茶店のミロンガ、ラドリオは、路地も含めて一つの
風景のような気がしてならない。一昔前の風景に息をのむ

閉店した店の壁面に残っていた鉄板ポスター。「洋服
 店」と書かれているが、絵柄は和服とは、これいかに?

 栄屋ミルクホールはもともと、明治政府が推奨してい
 た牛乳を飲ませる店だった。関東大震災以降はコーヒ
ーや軽食なども供した。創業は1945(昭和20)年 

額縁店の優美堂。正面の絵柄はほぼ剥げ落ち
ているが、よく見ると上の方には富士山が描
かれ、店名の文字もかろうじて残っている 

神田小川町の一角にあるビルに備えられた手動エレベータ
ー。ここが東京のど真ん中であることを一瞬忘れる空間だ

1921(大正10)年創業の奥野かるた店。百人一首、花
札、碁・将棋、すごろく、かるたなど、「電気を使わな
い遊び」を主に扱う。建物が新しいところが逆に面白い

ある時期から一般的な古本屋には映画のビデオテープも並ぶようになり、いつの間にか消えた。ここ神保町ではいまだに目にする機会が少なくない

通りがかりの居酒屋の店頭には、営業に備えて、スノコが干されていた。チェーンの飲食店ではまず見られない光景だ

いつから下げられているのかわからない民
家の朽ちかけた風鈴。涼しい音がしていた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!