世界よ、これが日本のカメラだ!

日本カメラ博物館(東京・一番町)

retroism〜article8〜

 映画の中の小道具として登場するカメラが、心に刻まれることがある。例えば、「ローマの休日」。オードリーヘプバーンふんするアン王女が、たばこを吸うのを隠し撮りされるシーンだ。この写真が物語の重要な部分に絡んでくるので、覚えている方も多だろう。使われたのは、ライター型スパイ用カメラ「エコー8」。鈴木光学が製作した日本製だった。

日本におけるカメラの黎明期を飾った名機がずらりと並ぶ。展示は年代ごとになっているので、見やすくてかりやすい

 今や写真を撮る行為は、ごくごく日常の中に組み込まれた感がある。「写メ」という言葉が一般的に使われ、スマートフォンを持っている人は、必然的にカメラを持ち歩いていることになるからだ。しかし一昔前は違った。基本的にカメラ本体に興味のある人は一部で、それ以外の人は無縁だった。写真に関して言えば、70年代より前に生まれた人ならば、必ず白黒写真を貼ったアルバムが家にあったし、「懐かしい写真」は必ず残っているものである。カメラも一度ぐらいは所有したことがあるはずだ。

当時のキヤノンのカメラ。当時は、ライカが手本だった。作りもライカに酷似している

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!