「あぶデカ」を歩く〜関内編〜

レトロ散歩番外編(横浜・関内)

retroism〜article44〜

 1987(昭和61)年、テレビドラマ「あぶない刑事」は始まった。派手なアクションとジョークを交えた粋なせりふで大人気を博し、続編「もっとあぶない刑事」やスペシャルドラマ、映画も7本製作された。物語の舞台であるハマでタカとユージの足跡をたどった。

麻薬取締官殺害現場を氷川丸の中で目撃する少年。浅野温子ふんするカオルとその少年の交流が描かれる=17話「不信」(以下いずれもファーストシリーズ「あぶない刑事」)

殺人の容疑者にされるユージ。逃げる途中に、タカと捜査会議を開くのが山下公園のこの場所だ=25話「受難」

歌手を目指す若い女に金を送る、足長おじさんを苅谷俊介が好演。話のつなぎにチラッとだけ出てくるシーン。妙に印象的だ=第12話「衝動」

山下臨港線プロムナード付近。婦人警官が襲撃される事件で、町田とユウジが、容疑者を追ってこの辺りで取り逃がす=第7話「標的」

銀行強盗の容疑者を追って、町田が新港橋の上から船に飛び降りるが、容疑者に拉致される。このあたりの風景も今ではすっかりきれいになった=第2話「救出」

若かりし頃の竹内力が容疑者役でいい演技をしている。手錠をかけられたタカとユージ、長谷川(竹内)が逃げる時にこの場所を通る第38話「独断」

赤レンガ倉庫は、「あぶデカ」では頻出の舞台、まだ本当に倉庫だった頃の話だ=第12話「衝動」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!