名だたる写真家と愛機紹介 東京・一番町で特別展

日本カメラ博物館(東京・一番町)

retroism〜article41〜

 東京都千代田区一番町の「日本カメラ博物館」では、特別展「カメラと写真家〜機材と表現の180年史〜」を開催している。3月22日まで。

左上:ローライフレックススタンダードを構える名取之助。
右上:ニコンSP 名取洋之助旧蔵品
左中:オリン  パスペンFT ユ
 ージン・スミス旧蔵品 本人サイン入り。
 右下:アニバーサリース
 ピードグラフィック 背景:飛行船
ヒンデンブルク号の事故を伝える
    『LosAngelesExami n
er』紙 1937年5月7日=日本カメラ博物館提供   

 日本写真機検査協会(JCII)をルーツに持つ同博物館は、日本のカメラ産業の発展を一般に広く伝えるために1989年に設立された。以来、年代順に陳列されたカメラを中心に、JCIIフォトサロンでの写真作品の展示と保存、JCIIライブラリーでは映像関連図書の専門図書を収蔵するなど、カメラ及び写真を総合的見地から紹介し続けてきた。同特別展は、開館30周年を記念した特別企画展であり、同館所蔵のカメラ、写真、図書資料を用いながらカメラと写真表現についてわかりやすく紹介している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!