旅好きの遊牧民が集う唯一無二の専門書店

旅の本屋のまど(東京・西荻窪)

retroism〜article122〜

 我々は「時間」の中で彷徨(さまよ)っていると言える。常に意識しているわけではないが、会社にいくとき、クライアントとの約束、友人との待ち合わせなど、日常においても時間の存在を認識する状況はあるが、そんな中で最も楽しいことのひとつは、旅にまつわる「時間」だろう。個性あふれる店が軒を連ねる西荻(西荻窪)の中でも稀有(けう)な存在の書店「旅の本屋 のまど」との出合いは実に喜ばしい。店主の川田正和さんが控えめに言う。「おそらくですが、『旅の本屋』と名乗った実店舗は日本では唯一ではないでしょうか」

柔らかなタングステンの光の下で、旅好きの人が手にするのを待っているようで、見ているだけで心落ち着く店内

 若い頃から海外を渡り歩いてきた川田さんは、アメリカやヨーロッパで、旅を前面に押し出した多くの書店を見てきた。「欧米の人たちにとって、1カ月の休暇は当たり前で、旅が人生のサイクルの中に組み込まれていると思うんです」。長期でどこかに行くとなると、観光地をめぐるだけでは、時間を持て余してしまうし、飽き足らない。だから、自分の好きなもの、例えば文学や宗教、スポーツや音楽など、その国や都市でしか味わえないことを体験してみたい。事前にやっておきたいのは、基本的な知識を本などから仕入れておくことである。加えて、家に帰ってからは、実際に見たり聞いたりしたものを文字や写真によっておさらいすることで旅が完結するのだ。つまりは、旅と一口に言っても、「準備、実行、思い出に浸る」という一連の時間の流れが存在する。そこで得た知識や体験は、自分の中に蓄積されていき、人生をより豊かなものにしてくれるはずだ。「その手助けになれるような店になればと願っています」と川田さん。すかさず、「でも基本にあるのは、僕自身が旅と本が好きというのがあるんですけどね」と笑った。

ロシアからヨーロッパ関係も充実。新刊本と古本が交互に並ぶ。見分け方は、背表紙の丸いシール

 「最近、西荻では、若い女性が増えて、街の雰囲気もだいぶ変わりました」。個人経営のアンティークショップも多く、ちょっと一癖ある店を目的に陽気にかっ歩する人の姿も西荻では少なくない。「お客さんも個性的ですよ。ガイドブックよりも、どこかの国の遺跡が見られる古本やアンティーク目的の人が多いのも特徴です。当店に寄っていただけるのも、そんな人たちです。新しい情報が載っている本も探すけど、イギリスの古い街とか、ヨーロッパの小さな町に面白みを感じる人が少なからず遊びにくるんです」

あらゆる本がぎっしりと詰まった棚とは対照的なレジ横の面出しでの見せ方が唐突で面白い

 棚の作り方もユニークで、川田さんの説明を聞くと目からウロコが落ちる。基本的には、国ごと、作家ごとに分けてあり、例えば、インドの棚には、ヒンズー教やカレーのレシピ本などが並ぶ。棚を上から下まで眺めていくと、その国の特徴が見えてくるから面白い。しかもそれぞれが旅と結びついて、手に取ればインドに対するイメージが、あらゆる方向へと広がっていくのだ。「それぞれの人が興味のある地域なり国なりの文化的な事柄や建築など、ガイドブックよりも少し深いもの、あるいはそれらの本には載ってない魅力を探す人が来店している感じです」

写真家が出版した書籍をどうしても撮りたかった弊社カメラマンの魂が垣間見える一枚。古本を含め人の心を揺さぶる力がここの棚にはたくさん詰まっている

 一般的な本屋のイメージとは違う風が、小さな店の中に吹いている。「旅の本屋」と書かれているにもかかわらず、旅行にそれほど興味がない人でも楽しめてしまう「のまど」の魔力に知らず知らずのうちに引きずり込まれていく。スポーツや音楽、料理など各国の文化的な情報から旅という発想へと導かれていくのは快感ですらある。

お気に入りの本を手にする川田さん。向かって右
は作家・宮内勝典(かつすけ)氏の著作。宮内氏
は、自分の本をのまどのネット販売で見つけて購
入した。左は写真家・藤原新也氏 の出世作。学生
だった川田さんをインドへ向かわせた本だ  

  
 新刊と古本が隣同士で並んで置いてあるところも面白い。同じタイトルでも、新たに出された本と古本では、微妙に中身が違っている。だから、同じ事柄が記述されていたとしても、少し前はこう考えられていたが、今はまた違う見方がされているなどの発見もある。ここでも旅の計画から帰宅までに過ぎていくのと似た時間が流れ、変化する事柄を目の当たりにすることになる。
「『旅』を軸にして、そこから派生したものを何でも並べていく。並べ方は、僕の感覚で厳密な基準はないんです」

ぐしゃっと小箱に入れられた売上スリップ(カード)。ちょっと見ると何かのオブジェのようだ

 旅は、懐古的な見方や考え方とも親和性があると川田さんは言う。「作家の旅行記を見れば、昭和ってこんな感じで旅行してたよねって懐かしくなる。昔のエッセーや旅行記は絶版になってるものもあって、探すのも一苦労です。当店ならある可能性があると思って来るお客様も少なからずいらっしゃいますよ」。見たことのない風景や昔の旅行のスタイルを読みたい人をも満足させる。絶版の旅行記や旅行に関する資料は古本でしか見ることができないのだ。あらゆる事象と心象の移り変わりを残す役割も果たしているのである。

アジア各地の弁当のイラスト集が弁当箱に入っている。箸(はし)がついていてセンスもいい

 国内なら、昭和の風景に出合うために旅に出るのはごく普通だし、昔ながらの喫茶店や商店を目指す旅もある。「つまり、郷愁を感じる昔あったモノを探しに当店に来てくれる人がいらっしゃる。とてもうれしいことだと思います」。そういうタイプの旅を求める人は増えていると思うと川田さんはうなずく。「少し前なら、こんなの時代遅れでしょうなどと敬遠されていた店に新鮮味を感じたり、残された香りを探してたどり着いたのが外国というパターンもあります。その情報を当店で探してもらえればうれしいですね」

店名の「のまど」は、遊牧民の意。ひらがなだと優しい感じがする。店のテーマとも合っていて川田さんも気に入っているそうだ

 最後まで物静かに話す川田さんの旅と本に対する熱を気持ちよく浴びながら、新しい発見に出合える書店である。

たびのほんや のまど
東京都杉並区西荻北3-12-10
📞:03-5310-2627
営業時間:午後1時〜午後8時(日・祝午後7時)
定休日:水

文・今村博幸 撮影・JUN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする