「古いが新しい」カメラと写真の情報発信基地

新宿 北村写真機店(東京・新宿)

retroism〜article119〜

 人から人へ。カメラは歳月を超えて受け継がれていく。一台のカメラには所有者がいて、彼または彼女が使った事実は、(人知れずだったとしても)歴史の小さな1㌻として刻まれていく。もし所有者が手放したとしても、かつての愛機として、心の片隅にとどまることになるだろう。小さな機械から限りないストーリーが広がっていく場合だってある。カメラは、ただの道具ではない。今も昔もエスプリを全身に秘めていた。

  4階の中古カメラフロア。間接照明を使ったり、ガラスケースも特注品だ。種類も数も充実している

 混沌(こんとん)とした新宿の雑踏の一画。小奇麗でカチッとした外観の「新宿 木村写真機店」がオープンしたのは2020(令和2)年7月。思わず吸い込まれてしまうようなエントランスだ。ヴィンテージサロンの責任者・丸山豊さんが説明する。「日本は、世界でも有数の生産台数を誇っています。そんな日本にあらゆる国のお客様が集まるような、世界一のストアを造りたいというのが最初の壮大なコンセプトでした」

1階の入り口を抜けてすぐのポップアップコーナー
には、使い捨てカメラが隙間なく並んでいた。そ
の後ろには現行のフィルムもズラリ。憎い演出だ

 1934(昭和9)年に「キタムラ写真機店」として創業してから、会長である北村正志さんが言うように「カメラ愛好者の社交場的な存在」であり続けた。歴史ある会社の縛りがある中で、「それらを一度ゼロにして、店のデザインや商品レイアウトも含め、こだわり抜いて造ったのがこの店なんです」。さらに丸山さんは続ける。「カメラと写真という文化を、未来永劫(えいごう)継承していける場所にしたいとも考えています」。カメラを通した憩いの場、サロン的な店づくりは、そう多くはないだろう。「ご来店いただいたお客様に、店員と、またはお客様同士で語らいながら、本当に欲しいものが見つかる場にしたいのです。だから極力、無いものは無いないぐらいの品ぞろえを目指しています。お客様を飽きさせない、今まで誰も見たことのない楽しい場所にしたいと考えています」

カメラ付属のモノでなく個性的な「おしゃれストラップ」に付け替えて楽しむファンも多い

 まるでブティックを思わせる1階に入ると、オリジナルグッズやカメラ関連の書籍・雑誌が目に飛び込んでくる。注目は中央にドンと備えられたポップアップスペースだ。取材当日は、最近特に若者の注目が集まっているレンズ付きフィルムが並んでいた。このあたりのセンスも他とは絶妙に差別化されている。

曲線と直線を組み合わせた棚に新品カメラが並ぶ。正面が鏡になっていて、ちょっとした迷路状態。面白い

 新品のカメラから中古まで多くの種類と数をそろえるが、力を入れているのは中古カメラ、特にフィルムカメラだ。古い個体をもう一度見直す理由を丸山さんは説明する。「中古カメラは、ヴィンテージも含めてある意味で一点ものなんです。状態もさまざまで、ちょっとした傷も含めて、前に使っていた人をしのばせるばせる残り香(のこりが)が染み込んでいて、新品とは違う魅力があります。傷は、値段にも関わってきますから、少々の傷なんか気にしないから安く買おうという人がいてもいい。さまざまな視点でお気に入りのカメラ見つけるのも一つの楽しみです。それぞれのお客様の価値観で選び、本当に手に入れたいと思う一台を見つけてほしいと思います」

  1925年製の改造されたライカ。写真手前はⅢ型、奥が
Ⅱ型だが、シリアルナンバーが続き番号になっている

 さらに、フィルムカメラでは、最新のデジタルカメラでは味わえない妙味がある。10年ぐらい前からフィルムを使う人が少なくなった。理由は明白で、若い人を中心にスマホで撮るのが当たり前になり、オールドファンはデジタルカメラで気軽にというのが中心になってきたからだ。「でも、フィルムカメラを使ったことのない人が、独特の写り具合の面白さに改めて気がついたり、現像してプリントするまでのドキドキ感がたまらないという人も増えてきたんです」

在庫商品のチェックもきめ細かに行われている。店員の真剣な目が店の質の高さを物語る。印象深い姿だ

 そんな面白さをSNS(ネット交流サービス)などで発信し、フィルムカメラの人気がジワジワと上がってきたと丸山さんは分析する。「何といっても、写真の原点は、露出やシャッタースピードを自分で決めて、切りとった画像がフィルムに焼き付けられる。この一連の流れにつきますから」。話を聞きながらふと気がつくと、店内には、人の気配がきちんとありながら、落ち着いた静けさがフロア全体を覆っていた。

国産ミノルタの「X–1モーター」。生産台数が少なかったため、中古カメラ店にも滅多に並ばない機種が2台あった。(レトロイズムの)JUNカメラマンもびっくり

 「デジタルカメラ自体を決して否定はしませんが、カメラ本体も出来上がる写真も、そんなに大きな違いが出にくいんです。性能自体が上がってますから、誰が撮っても奇麗に写ります。でも、個性というところではやはり古いカメラにはかなわないところがあるし、その違いが醍醐味(だいごみ)でもあるんです」。撮り直しができないフィルムカメラには、他では味わえないスリルもある。「失敗したくないから、一瞬の勝負。特に最近は、フィルム代が上がってるから、無駄にしたくないですよね。結果、一枚一枚を大切に撮ることになります」。丸山さんは、少しだけ真剣なまなざしになった。「風景を撮るのにもどうしても時間をかけちゃうし、スナップも一瞬を逃したくないから神経を研ぎ澄ませる。気軽じゃないところにむしろのめり込むんじゃないでしょうか。出来上がりが自分の思い通りになったときの快感はフィルムカメラでしか味わえないと思います」

中古品の買取、修理部門。あえて作業が見えるようにしているのも、良心的かつ自信の表れだろう

 北村写真機店では、修理にも力を入れている。「カメラ好きは、カメラが自分の体の一部に近いんです。少なくとも僕はそう感じます。だから直して大切にするのはあたりまえ。実際に、電池を使わないカメラなら、オーバーホールすればかなりの確率で直る。ライカはほぼ修理可能です。そして、もし自分が使わなくなっても、きちんと整備されたものを誰かが使ってくれたら、それはそれでまたうれしい。カメラに対する思いが受け継がれていくからだと思います」。自分が大事に使ってきたものだから、壊れたからって簡単には捨てられない。元に戻せるものなら戻したい。カメラという小さな機械には、そんな思いを人に抱かせる独特の箱なのである。

3階にあるスターバックスコーヒー横にあるテーブル席で、写真集などを見ながらくつろげる。「今までの量販店のイメージとは違う店づくりを目指しました」と丸山さん

 4階にも見るべき中古カメラが集められているが、極め付きは6階にある「ライカヴィンテージ」のフロア。フィルムカメラに力を入れている店の象徴でもある。オーバーホールされた、ライカのヴィンテージの中でも、珍しいものを意識して集めてある。整列して並ぶ様は壮観だ。「わざわざ飛行機に乗ってでも来たいと思っていただけるぐらいのフロアにしたいですね」。ライカは、35mmカメラの元祖。100年以上作り続けているメーカーは希少だ。中でも、珍しいライカ(Ⅱ型とⅢ型)がある。シリアルナンバーが1066と1067と続き番号になっているのだ。「約100年前に順番に作られた2台のカメラが、一旦どこかに離れ、時を経てここでそろった。奇跡です」

2020年の7月3日にオープンした。東口の雑踏に忽然(こつぜん)と現れる。凛(りん)としたたたずまい印象的だ

 いまや新宿は、世界でも有数のカメラの聖地的な場所になっている。東口は以前に比べて少なくなったが、新宿 北村写真機店の登場で、聖地と呼ぶに相応しい街になるだろう。

 昔から、文化は新宿から発信されていた。そして、新たな情報発信基地が誕生した。

しんじゅく きたむらしゃしんきてん
東京都新宿区新宿3-26-14
📞:03-5361-8300
営業時間:午前10時〜午後10時
https://www.kitamuracamera.jp/ja

文・今村博幸 撮影・JUN