伝説のトキワ荘を忠実に再現 昭和の遺産を後世に

トキワ荘マンガミュージアム(東京・南長崎)

retroism〜article116〜

 小さな2階建てアパート。トイレと台所は共同。当然のように風呂はナシ。そんな、質素な場所から、戦後にマンガの胎動が始まり大きな文化のうねりへと発展していく。トキワ荘をめぐるドラマは手塚治虫が住んでいた2階の14号室、階段を上がってすぐ左側の部屋から始まった。彼が住んだのは1953(昭和28)年の正月〜54(同29年)10月のわずか1年10カ月。手塚が入居した年の終わりに寺田ヒロオ(22号室)が引っ越してくる。寺田は約4年半過ごし、マンガ家たちの兄貴分的存在になり、彼の部屋に集まることが日常茶飯事となった。その後、藤子不二雄Ⓐ(14号室)と藤子・F・不二雄(14→15号室)の2人が手塚の引っ越した部屋を借りる。「どうだい、君たち、トキワ荘のぼくの部屋へ入らないか、敷金はそのままにしておくから」。彼らは即答した。「トキワ荘に入らせてください。よろしくお願いします」。当時こんな会話が交わされていたという。往年のおおらかさを思わせるエピソードだ。

よこたとくおの部屋には、赤塚不二夫と共同で買ったステレオが置かれている

 敷金なしで部屋を借りた藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄の後、55(同30)年〜60(同35)年頃にかけて、次々とマンガ家が住むようになる。入居年が早い順に、ラーメン大好き小池さんのモデルになった鈴木伸一(20号室)、才能を鈴木伸一にも認められていた天才肌の森安なおやが翌年その部屋に同居、言わずと知れた石森章太郎(17号室)、赤塚不二夫(16号室)、トキワ荘の紅一点・水野英子(19号室)、「週刊マーガレット」に連載した「マーガレットちゃん」が人気を博したよこたとくお(20号室)らが、次々とトキワ荘の住人になった。今考えれば、ビックネームたちが暮らしていたトキワ荘は、まるで夢であり、奇跡のようでもあった。

トキワ荘の住人行きつけの店「松葉」は現在も近所にある。写真は当時使われていた本物のどんぶり

 そんなトキワ荘も、時間の流れには逆らえず、82(同57)年、老朽化によって解体されることになる。ちなみに、最後に住んでいたのは、挿絵画家の向さすけだった。当時の様子を、肌で感じることができるのが、東京都豊島区南長崎の南長崎花咲公園内にある「トキワ荘マンガミュージアム」である。当時と同じように再現されたものだが、称賛すべきは、そこに至る道のりが、聞き取りも含めた徹底的な調査が行われていることにある。100㌻を超える膨大な冊子「トキワ荘等に関する基礎調査」には、当時の図面やそれぞれのマンガ家が語ったエピソードなどの資料がびっしりと記されている。入り口から各部屋に至る間取りまで、緻密に再現できたのは努力のたまものだ。ミュージアムに入った瞬間から、名状し難い雰囲気に自然と引き込まれてしまうのは、その緻密さに由来していると思われる。豊島区文化商工部のトキワ荘マンガミュージアム担当課長・熊谷崇之さんが言う。「2階の廊下を挟んで、左右に先生たちが住んでいた部屋が五つずつ並んでいますが、向かい合う部屋は真正面じゃなくて、半間ずつずれているんです。再現する際にも、半間ずつずらして作りました。そこまで徹底したのは、実際やるからには、極力正確にという使命感のようなものに突き動かされたからに違いありません」

向かい合う部屋は真正面に位置するのではなく半間ずつずれている。こんなところも忠実に再現されている

 全ての部屋ではないが、よこたとくおの部屋などは、作業用の机などが置かれ、当時の様子を伝える。また、共同の台所も興味深い。スペースの両側にはプロパンガスを使うコンロが並び、アルミの鍋やファンタの空き瓶などが雑然と並んでいる。かつて使われていた食器洗い洗剤や奥には流し場。夏はここで行水をしていたマンガ家もいた。おそらく、赤塚不二夫あたりではないかと想像する。

当時の写真などから再現された台所。ガス台の下にはネズミもいる

 再現されたこのミュージアムは、あくまでトキワ荘を後世に伝えるものだが、昭和の文化を今を生きる人たちに伝える意味もある。「1950年代から、再開発とか土区画整備とかで、戦後の面影を残すアパートはかなり数は少なくなりました。だから、そんな文化も伝えていきたいという思いもあります」と熊谷さんは力を込めた。「トキワ荘を紹介するだけなら、パネルでもできるし、一部屋だけ作ってみせるという手もあると思います。でも、上り框(かまち)で靴を脱ぎ、きしむ階段を上って4畳半の部屋が並ぶアパートで、実際にマンガ家たちが生活しながら執筆し、世に羽ばたいていった。アパート全体を再現した意味は、それを肌身で体感していただきたいからなんです」

上がり框の左右には下駄箱、右側には広めの階段。ここを上がりマンガ家たちの部屋へ

 ミュージアム設立の原動力になったのは、地元の人たちの「熱い心」があったと熊谷さんは感慨深げだ。「地元の人たちは、『(トキワ荘の)記念館的なものを作りたい、できることならいつかは再現してほしい』という思いをずっと持ってくれていました。区長が99(平成11)年に署名を募ると4000筆も集まりました。これは、なんとしても再現しなくちゃいけない、と区としても力を入れました」 原稿はインクを乾かすため、畳の上にしばらく置かれていた=水野英子の部屋で

 住民の要望に応えたいと、記念館実現に向けて準備を進める。「その間も、地元の人たちは、区と協力して記念碑やモニュメントを作ったりとか、地道な活動をしてくださっていました」。2016(同28)年に再現が決まり、17(同29)年から足掛け3年かけて19(令和元)年の7月7日に整備計画を発表、20(令和2)年の7月7日にオープンした。「日にちに関しては、何となく、ちょっと運命みたいなものを感じますね」と熊谷さんは目を細めた。

昭和の家屋やアパートの窓に必ずついていたネジ絞り錠が再現されている

 トキワ荘は、戦後のマンガ史の原点でもある。キーパーソンは、やはり手塚治虫だった。「ストーリーマンガを手塚先生がはじめ、藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄両先生や石森先生たちが受け継いできたからこそ、大きな文化として認知されるようになったと思います」。時代は、高度経済成長期。焼け野原から新しい商品や遊びがものすごい勢いで生まれていた時代である。文化も同じこと。暗い時代を抜け出し、解き放たれたようにあらゆるものが噴出していた。その一つがマンガ文化であり、発信地がトキワ荘だったのである。「これだけのビックネームが、一つの小さなアパートに集結した。ある意味、奇跡であり、必然でもあったと思います」

特別企画展に合わせて集められたマンガと、手前は、緻密に作られたアパートの模型。松葉の出前が訪れる様子も

 実際に、藤子不二雄Ⓐを誘ったのは、手塚だった。「トキワ荘のマンガ家たちは、投稿仲間でもありました。手塚先生を中心に、『ここに住みなよ』というようなことを言いながら、誘い合って入居したそうです。だから、奇跡ではあるかもしれませんが、偶然だけとも言えない気がします」

トキワ荘に対する熱い思いを持ち続ける小林千晴さん(向かって左)と熊谷崇之さん。丁寧な対応に感謝

 一つだけ間違いのないことは、その後のマンガ人気の元を辿ると、トキワ荘に行き着く。59(昭和34)年に週刊少年サンデー、週刊少年マガジンが、69(同44)年には少年チャンピオンが創刊。一時は各誌が毎週100万部を売り上げるほどの人気を博した。中でも、「ドラえもん」は、いまだに子供たちに愛されてやまない。トキワ荘は、社会にある「楽しいこと」の根っ子なのである。「奇跡か偶然か必然なのかは置いておいても、マンガは日本を飛び越えて、世界各地で読まれています。礎を築いた人たちは、トキワ荘の住人であった先生方です。その事実もトキワ荘と言う存在も世界に一つと言っていいでしょう。大切にしなくてはいけないものだと思っています」 トキワ荘の全景。外観も内感も当時の雰囲気を忠実に再現していることに感心させられる

 トキワ荘は、街の人の誇りであると同時に、日本ひいては世界におけるかけがえのない遺産なのである。

※手塚治虫の「塚」は旧字体

ときわそうまんがみゅーじあむ
東京都豊島区南長崎3-9-22(南長崎花咲公園内)
📞:03-6912-7706
開館時間:午前10時〜午後6時
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
  入館料:特別企画展期間は有料
文・今村博幸 撮影・岡本央

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする