レコード文化よ永遠なれ 次世代へつなぐ懸け橋に

ユニオンレコード新宿(東京・新宿)

retroism〜article111〜

 フロア全体がレコードだけで埋め尽くされた様は壮観だ。どの棚にも310ミリ×310ミリ(場合によっては、315ミリ×315ミリ)のLPと180ミリ×180ミリ規格のシングル盤のみが整列している。かつての「レコード屋」では当たり前の風景だ。

名機JBL4344はシングル盤の棚の上。流れてくるのは、家庭のオーディオ機器でなかなか聴けない躍動感みなぎる音を奏でる

 さらにオーディオ好きを喜ばせるのは、壁上部に取り付けられたJBL4344から朗々と流れるハツラツとした音である。もともと近くにあったジャズ館に設置されていたものだ。「ユニオンレコード新宿」店長の大島靖広さんが説明を始めた。「せっかくだから目立つところにおきたいよねという話になって、ちょうど窓のあった場所に寸法がピッタリと合ったので、そこに設置することにしました。見た目のインパクトもあると思いますよ」。BGMは普段、このスピーカーから流れている。「お買いいただく前の視聴には、レジカウンターにおいていあるプレーヤーでヘットフォンを使っていただきますが、JBLで聴かせてほしいと希望される方も多いんですよ」。レコード通なら空気を通した音で聴きたいと思うのはごく自然な欲求だろう。「ディスクユニオン」は、日本で生まれたレコード店の草分け的存在である。その前身が、1941(昭和16)年に創業したユニオン商会という名の中古専門小売店だったことはあまり知られていない。つまり戦前からの店なのである。60年代前半に中古ラジオやオーディオを売るようになり、レコードは店の一角でひっそりと売られていたという。「実際にレコード中心になったのは、67(昭和42)年ごろからだったそうです。輸入版のレコードを売り始めました」

分類されたインデックスプレートの中から、お気に入りのアルバムを掘り出した時の喜びは大きい

 80年代になると、時代の流れの中でCDを売るのは、当然の成り行きとなった。しかし、ディスクユニオンは、レコードを見捨てなかった。棚に並ぶ割合は、CDが多くなったとはいえ、かたくなにレコードを世に送り続けた。「レコード店である」というプライドだったに違いない。「私どもは、何十年も前からレコードを売っていた会社なんです」。チーフである南敬介さんが、いみじくも力を込めて言った。デジタルの音楽がいかに一般に広がっていこうとも、アナログ音源の良さは全く変わらなかったからだ。

最近新しく出した冊子「音盤同盟」。もちろん無料だ

「かつて、シンガー・ソング・ライターでベーシストの寺岡呼人さんがテレビの番組で、ビートルズの『プリーズ・プリーズ・ミー』をCDと完全UKオリジナル盤レコードの聴き比べをしたんです。テレビを通しても、音の厚みや温かさがまるで違うのがわかりましたよ」。当時の音を思い出すようにうっとりした表情で南さんが言う。

レコードに帯がついているのと無いのでは、値段がまるで違う。モノに対する日本人の麗しきこだわりである

「さらにレコードには集める楽しさもあります。本棚に読み終わった本が並んでいく喜びに近いものがあると思うんです。こんなふうに保管してますっていう主張が棚から見えるのも面白いですよね」。レコードの良さについて大島さんが付け加えた。「『わざわざ』ってのが良いんです。ジャケットが並んでいる棚に行って、その日の気分でちょっと迷いながら一枚を選び、ジャケットからレコードを出して、ターンテーブルに乗せる。これだけでもかなりの手間ですが、『わざわざ』それをするのって、今の時代、ぜいたくな時間と言えると思うのです」

新入荷のLPをスタッフが心を込めて棚に収めていく。その想(おも)いが客に伝わっていく

 さまざまなタイプの店を継続して展開しているディスクユニオンから、レコードが消えたことは一度もない。振り返ってみれば、CDがこの世に出たのが1980年代前半。音楽ファンがレコードへと戻り始めたのが、10年ちょっと前と言われているので、レコードの良さが見直されるまで、あっという間とも言える。そんな中、満を持して2018年にオープンしたのが、ユニオンレコード新宿なのである。

シングル盤が並ぶ棚。何の気なしに引き出すと、「あった!」と思わず声を上げてしまう一枚に出合うこともしばしばだ

 J-POPをはじめ邦楽全般、ロックは70年代以前と以降のものを分けてあるし、ジャズ、ソウル、レゲエ、ワールド、ヘビーメタル、ワールド、パンク、クラシックなどなど、基本は全ジャンルをそろえる。「昔、聴いていた方に、もう一度その楽しさを思い出してもらいたいとレコードだけを集めた店をオープンさせました」。南さんは自信を持ったまなざしで言う。「レコードから流れる音の温かみに触れてもらいたい気持ちもありました」

店長の大島さん(右)が持っているのは、比較的値段の高価なモノ。ヘビーメタルから邦楽までほとんどのジャンルに精通しているチーフの南さんは、最近のお気に入りを選んでくれた

 現在、レコードへの欲求が盛り上がっているのは確かだ。昔聴いていた人たちが戻ってきていることもある。プラス、若い年代の人たちが、かつてのアイドルのレコードを買い求める。外国人の客も多いと大島さんは言う。「今は、パソコンによって、世界中で世界の音楽が聴ける環境にあります。もちろん、日本の音楽も気軽に聴ける。改めて外国の方々がそれらを聴き、日本ならではの美しいメロディーラインやサウンドプロダクションの良さを、驚きとともに認め始めたんです。山下達郎さんや大瀧詠一さん、YMOなど、外国人のお客様に人気のアーティストもたくさんいらっしゃいます」

視聴用のターンテーブル。針を盤に置く瞬間はいつでもワクワクする

 そんな中で、ユニオンレコードが果たすべき役割を改めて聴いてみた。南さんは言う。「『レコードという趣味の最初の一歩を刻む店』になりたいと考えています。これからレコードを聴きたい人のサポートができる店になれればと。さらに、かつてプレスされた時代モノのレコードは、数が増えることはないので、今ある資源、財産を保持して次の世代に回していくのが僕たちの使命だと考えています」

ディスクユニオンでレコードを購入すると入れてくれる袋と同じデザインのバッグは、もちろんLPが奇麗に収まるサイズ。普段使いにもいい

 レコードは、世界中のミュージシャンたちが、心身を削って生み出したかけがえのない創造物であり、その文化は,それこそ一枚ずつ積み上げられてきた。少し大げさではあるが、なくしてしまうのは、我々がヒューマン・ビーングであることの存在理由を否定してしまうことに等しい。さらに大島さんが続ける。「時代のニーズを振り返ると、一時期ではあってもレコードは衰退しました。でもそんな時でも、レコードという良きものを絶やさないように、歴史で終わらせないことが、我々の役割だと思って頑張ってきたつもりです」

あらゆる業種の店が並ぶ新宿の街はいつ歩いても興奮する。そんな街中に溶け込むようにユニオンレコード新宿はある

 我々の先人達が長い間かけて積み上げてきたレコード文化は生きている。これからも次世代への懸け橋となる仕事があるとすれば、できるのは「レコード屋」以外にないのである。

ゆにおんれこーどしんじゅく
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
📞:03-6380-6118
営業時間:午前11時〜午後9時
正午〜午後8時(当面の間)
定休日:なし

文・今村博幸 撮影・JUN

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする