昭和グッズと熱き心に触れ、極上の珈琲を味わう

喫茶 昭和堂(横浜・二俣川)

retroism〜article107〜

 想(おも)い続ける力は、なによりも尊い。積もっていく憧れや願望の先には、ふた通りの結果が待ち受けていて、だんだん大きくなって成功に結びつけば喜ばしいし、いつの間にかしぼんでしまい、成し遂げられずに終わってしまう不安を抱えて過ごさなければならないのも現実だからだ。

ストロングコーヒーは爽やかな酸味のチーズケーキとベストマッチ。「元々私のブレンドがストロングだったので、頼まれると嬉しい」と畑中さん


 もともと昭和に作られたグッズが大好きで、若い頃からコツコツと集めてきた。「喫茶 昭和堂」(以下、昭和堂)店主の畑中義之さんは、それらを飾って喫茶店を開きたいとずっと考えてきた。畑中さんにとって、喫茶店は憧れであり愛する場所でもあった。「学生の頃から入り浸ってました。コーヒーのおいしさに目覚めたのも、初めてジャズを教わったのも、隠れてたばこを吸ったのも喫茶店でした。つまり、『大人の階段』そのものだったのです」

1日5品限定のコーヒーゼリーやその場で作るアイスコーヒーなども畑中さん一推しの逸品が味わえる店内。魂なきものはひとつもない

 香り高い空間には大地に根を張ったような文化が存在する。大学を卒業した時、一般企業に就職するか喫茶店を開くのか、という選択があったと畑中さんは振り返る。結局、選んだのは前者だった。しかし、喫茶店への想いは消えることはなかった。会社員をしている間、おいしいと言われる店を訪れて、マスターがどんな淹(い)れ方をしているのかをつぶさに観察した。そんな生活が、定年退職まで続いた。「店をやりたい気持ちは常にありましたが、僕自身が未熟でなかなか踏み切れませんでした。実際に、おいしいコーヒーが淹れられる自信もありませんでした。だから、喫茶店という空間を楽しむことしかできなかったのです」。定年退職が近づくと、温めてきたアイディアは、少しづつ固まっていき、最終的に喫茶店開業を決意する。「懐かしい雰囲気の店というアイデアは最初からありました。場所は田舎だったり、古民家だったり、ビルの地下もいいなとかいろいろ考えました」

ダッコちゃん。膨らんだまま残っているものは少な
 い。黒人差別が問題にならなかった頃のおもちゃだ。

 見つけたのが今の場所だった。昭和の名残を感じさせる小さな町の片隅にある、半分ぐらいシャッターが閉まっているアーケード商店街に物件を見つける。最終的には、ほぼ理想的な場所に店を開くことができた。畑中さんの想いはかなえられたのである。40年弱を超えて焦がれ続けた想いがいい形で実現できたと、畑中さんは満足げだ。「想いって、強く信じればなかなうんですよね」。自分の店に出勤するのが楽しみで仕方ないと畑中さんは言う。「通う道すがら、思わず鼻歌混じりになるほどですよ」

店内には古い映画のポスターをはじめ昭
和のグッズが所狭しと並べられている

 昭和堂は、彼にとって、そして客にとっても、心から寛げる、居心地の良い場所になった。店を開くと、「これも飾って」などと客が持ってくるものなども増えていった。畑中さんが言う。「彼らはみんな、昭和が大好きなんです。多くの人に見てほしいという気持ちで、もって来られるようですね」。頑張れば頑張るだけ、ごほうびがあったのが昭和だったと畑中さんは振り返る。「だから、いい思い出がたくさん詰まっているのが、これらの小物なんです。それらをさかなに会話が弾む。例えば、壁の額に入っているデストロイヤーのマスクは本物ですが、そのマスクを見て、話が盛り上がれば楽しいじゃないですか」と畑中さんはほほ笑んだ。

 

 畑中さんの話しぶりや表情は、彼が淹れる
コーヒーと同じように、清らかに澄み切っ
ている。繰り出される会話もしゃれている

 いわゆる「お茶をする場所」はさまざまな呼び方をされる。喫茶店、喫茶室、パーラー、サテン、茶寮、コーヒーショップ、最近ではカフェなどあるが、昭和堂は、まごうことなき珈琲(コーヒー)専門店である。普通と違うのは、畑中さんが集めた懐かしい昭和のポスターやおもちゃが散りばめられているところだ。自信ありげな表情で畑中さんが話す。「メインはあくまでコーヒー。その味を引き立たせるためにクッキーやケーキ、トーストなどを用意しています。ガムシロップを含めて、ほとんどが手作りです」

三田明をはじめ思わず見惚れてしまう、往
年の俳優の写真がさりげなく飾られている

 畑中さんが淹れるコーヒーの味を完成させるアイテムがある。添えられた手作りの生チョコレートだ。いろいろと探したが、思い通りの商品が見つけられなかったので、試行錯誤のうえで自家製にすることにした。確かにコーヒーと共に味わうと、思わず天を仰いでしまうほど相性は抜群だ。口溶けの良さも自慢で、「口に含んで2秒で溶ける」と畑中さんはうなずいた。「もちろん味わい方は人それぞれでいいのですが、もし私の希望を言わせていただけるなら、基本はブラックで楽しんでいただきたい。チョコレートで口の中を甘くしてもらってから飲んでいただければと考えています」

少年マガジンに登場した当時の「ゲゲゲの鬼太郎」。生まれた
墓場から、犬のように首輪で引かれている場面のフィギュアも

 昭和堂で供されるコーヒーは、ブレンドやストレートなど一通りをそろえる。全て豆を引くところから始まり、ハンドドリップで丁寧に1杯ずつ完成させる。豆の種類によって、蒸らし方や湯を注ぐスピードなどを変える。全てが通った喫茶店で「盗んだ」技術である。習得された方法論とともに、「女性には伝わりにくいかもしれませんが」と前置きをした上で、極意を畑中さんが明かしてくれた。「初めてキスをしたときにように淹れるとうまくいきます。デートの時、どのタイミングでキスまで持っていくか、ドキドキしながら考えて、その時が来たら、彼女が受け入れやすいように、『そーっ』と顔を近づけます。お湯もそんな感じで最初はそっと注ぎ始めて、そこからは『大胆に』がコツなんです」。畑中さんは少年のような笑顔で言った。

ブリキの看板には、不思議な説得力があった。周りのさびた部分も郷愁を誘う

 彼にはもう一つ大きなこだわりがある。「私が飲んでおいしいと思ったコーヒーだけをそろえてお出しします」。彼が思うおいしいコーヒーとは、「コクと苦味がしっかりありますが、味の透明度が高いのが理想です。澄み切ったコーヒーとでも言いますか。カップに入れたスプーンが反射する光が見えるくらいが目標です」。機械では絶対に出せない、人の手が生み出した味は、身体と心の奥深くに染みわたっていく。土台にあるのはパッション(情熱)である。昭和から残る品々が持っているのも、ノスタルジーというよりも、パッションだと畑中さんは言う。「時代を生き抜いてきた品物の数々の裏には必ずパッションが透けて見えます。それをノスタルジーとして再確認するから、昭和のグッズと共に過ごすことに居心地の良さを感じるんだと思います」。その情熱は、みんなが共有できるものが多いとも畑中さんは優しい声で言った。

1957(昭和32)年に開発されたアーケード
商店街に店はある。店頭に立つマスコット
であるロボットの「しょーわーくん」は子ども
たちのアイドル的存在で、「朝『おはよう』
  って
声をかけてくれるんですよ」と畑中さん  

「古いものがいいのではなくて、いいものが古くなって残るんです。魂なき出来損ないは排除されて消えていきます。昭和のいいもの、まだ残っているもの。商品も人の心も、受け継がれている魅力的な全てが、この先も生き続けてほしいと思っています」。店頭には、畑中さん手作りのロボットが立っている。「昔のロボットのイメージは、部品をリベットで打ってあって油の匂いがして……。僕らにとっては昭和の象徴そのものです」

 そんな古き良きモノと熱き心に出合える場所。昭和堂の存在理由はそこにある。

きっさ しょうわどう
横浜市旭区万騎が原34-1
📞070-5464-9116
営業時間:午前10時〜午後6時
定休日:火曜、水曜
文・今村博幸 撮影・JUN

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Keiji Yamazaki より:

    一歩ドア開けるとタイムスリップするような昭和堂さん。店内の品々を見てるといろいろな思いが横切りホッと癒してくれる至福の時間です。
    マスターの煎れる珈琲は絶品。

    • SHIN より:

      レトロイズム〜retroism visiting old, learn new〜をご愛読いただきありがとうございます。コーヒーはもちろんのこと、フードや飾られているモノに対するマスターの深い愛情が感じられますね。