オレンジ色の列車が運ぶ「淡い恋と旅の思い出」

ロマンスカーミュージアム(神奈川・海老名)

retroism〜article106〜

 日本人が尊ぶものの一つが「情」である。あらゆる場面で使われ、さまざまな意味をもつこの言葉は奥が深い。辞書によれば、「他人に対する思いやりの気持ち、情け、真心、誠意、愛情、趣、味わい」などなど意味は多彩だ。中でも、あまねく人々が好む情がある。「旅情」だ。字面は美しく響きも奇麗なこの言葉がよく似合う列車、それが「ロマンスカー」である。小田急電鉄の電車基地のある神奈川県・海老名に開業した「ロマンスカーミュージアム」には、歴代車両が一堂に会する。学芸員の神林ゆうこさんが、にこやかに説明を始めた。「安全・快適なお客様の輸送や、にぎわいのある街づくりを進めてきた小田急電鉄の歴史を伝えたい、というのが始まりでした。加えて、大切なブランドでありアイコンでもあるロマンスカーの歴代車両が勢ぞろいする姿を見ていただきたいということも、長年の悲願でした」

左からSE(3000形)、NSE(3100形)、LSE(7000形)。本物だけが持つすごみに圧倒される。そして昔の淡い恋を思い出したりもする

 実は、ロマンスカーという言葉は、小田急電鉄以外の車両にも使われていた。小田急電鉄の車両で用いられるようになったのは1949(昭和24)年頃。新宿と小田原をノンストップで結ぶ特急専用車両で、車体は箱型だった。映画館などで流行した「ロマンスシート」に似た座席であったことが由来であると言われている。やがて57(同32)年、いわゆる「ザ・ロマンスカー」と呼んで差し支えないであろうオレンジ(正確にはバーミリオンオレンジ)を基調にした色遣いの流線型車両が登場する。顔の丸いSE(3000形)という車両だ。特急列車として走り始め、人々を驚かせた形状は、空気抵抗を少なくして速く快適な走行を目指して、流線型を採用したものだった。これは新幹線開業よりも先の話だ。「一節によれば、新幹線開発のモデルにもなったとも言われています。ファンの間では、新幹線のご先祖様という人もいらっしゃいますよ」

かつて電車の中の光はタングステンが多かった。淡くて優しくてホッとする明かりだ

 カラーデザインを担当したのは、洋画家であり、ぺんてるくれよんのパッケージを生み出した宮永岳彦氏だ。「斬新なカラーリングや流線形の車体など、時代の常識にとらわれず、新しいものを追求する小田急電鉄の精神が、ロマンスカーの人気につながったのかもしれません」と神林さんは説明する。国鉄と共同で運転試験が行われ、当時、狭軌鉄道世界最高速度145キロという記録をたたき出す。「世界一速い列車として一世を風靡(ふうび)しました。これを最初のロマンスカーと定義するファンも多いんですよ」

まぶしさを軽減する布製のカーテンを閉めるか開けるかは、景色が見たい気持ちとのせめぎあいでもあった。フック式の上着掛けが描く曲線もかつて存在していた美しさだ

 小田急電鉄はさらに画期的な試みを行う。運転席を2階に上げて、電車の最前列まで客を乗せるNSE(3100形)を63年(同38)年に生み出したのである。「展望席は、ロマンスカーの代名詞にもなりました。ロマンスカーといえば展望席。乗りたいというお客様が大勢いらっしゃって、とても人気がありました」。その後、80(同55)年にはシャープな車体と乗り心地の向上、眺望の良さを重視したLSE(7000形)を、さらには窓を大きくしハイデッカー構造を採用して眺望性を進化させたHiSE(10000形)が登場。検車庫をイメージしてデザインされたロマンスカーギャラリーに並ぶのは、今まで造られた10種類のうちの、現役を引退した5種のロマンスカーで、車両はもちろん当時のまま。それらの姿は文句なく壮観だ。強烈に旅情をかき立てるこれらの車両は、子供から大人まで多くの旅人の心をつかんで離さなかった。

丸みを帯びた車体故か、ドアの開き方が少
し斜めに見える。飛行機の搭乗口のようだ

 旅を豊かにしたロマンスカーは、あたかも戦後、日本が豊かになっていく姿と重なる。昭和という時代に、その姿をくっきりと刻んだのは間違いないだろう。神林さんが解説する。「移動手段として捉えられることが多かった電車が、移動する時間自体を特別な旅の一部へと変えたのです。旅に対する憧れを最先端の技術と熱い想(おも)いで創出し続けてきたのが、ロマンスカーだと自負しています」。都会と観光地を結ぶ特急車両は、旅の楽しさを大きく膨らませた。「列車の中で、ティーカップに入れたお茶を飲む優雅な時間。カップルで進行方向を向いて並んで座るいわゆるロマンスシートで旅に出るワクワク感やときめきを提供してきたつもりです」

曲線で構成された車体は、唯一無二。今見ても近未来的な雰囲気がある

 ロマンスカーに対する、一方ならぬ強い想いは、多くの旅人たちの心のなかに芽生え、簡単には消え去ることはなかった。子供の頃、新宿駅に停車しているロマンスカーの容姿は特別に見えたし、他の電車とは別物のオーラさえ感じた。それは大人になってからも変わることはなかった。小さい頃は家族と、10代後半からは彼女と利用した。「いろいろな方とお話しても、彼女とデートでとか、家族旅行の思い出があるという話が本当にたくさん出て来るんです。ありがたいですね」。そう言って神林さんはうれしそうに笑った。

1927(昭和2)年、小田原急行鉄道(現小田急電鉄)営業開始時に運行した最初の車両の内部。これも貴重な資料だ

 ミュージアム名にはロマンスカーを前面に出しているが、本質的には小田急電鉄の歴史をたどった博物館という性格も備えている。「小田急線は、当時は田畑が広がっていた土地を通って、新宿という大都会から海のある観光地である片瀬江ノ島や小田原まで結んでいます。途中には、成城学園や経堂などの高級住宅街があったり、沿線には山もありさまざまな顔が見られます。それぞれの街の特性に応じてにぎわいを創出していくことが、社是でもあるのです」

ジオラマを走る精巧に作られた街と江ノ電。我々人間にとって街とはなにかを、改めて教えられる

 館内には、小田急電鉄が取り組んできた複々線化事業の解説のほか、新宿から箱根までが見渡せる精緻なジオラマも見応え十分だ。小田急線沿線の一日の移り変わりをプロジェクションマッピングなどを駆使して紹介している。また、実際の運転席を使ったシミュレーターや観客を参加させる「インタラクティブアート」で感覚的に街づくりを体験したり、紙でできた小さな町に、自分で作ったペーパークラフトの電車を走らせることで、街づくりとかデザインを子どもたちに伝えるなど、子どものためのスペースも充実する。「街ができて、にぎわっていく様子を子どもたちに体験してもらいたいのです。それは同時に、小田急電鉄が取り組んできた、線路を引いて暮らしや旅を楽しんでほしいという、私どもの基本的な思想でもあるのです」。そして神林さんは言った。「勢ぞろいした歴代のロマンスカーを、家族や友人どうしで、あーだこうだと言いながら見ていただいたり、『昔お父さんこれ乗ったんだよ』っていう、会話を楽しんでもらえれば。気軽に遊びに来られる公園みたいな存在になれたらいいなと思っています」

「訓練で一番最初に乗ったのがこれ。すべてのロマンスカーを運転しました。こういう形でまた関われるのは、うれしいことです」と、館長の高橋孝夫さん

 ここは正に、「本物」に触れることができるミュージアムだ。その証拠に、展示されたロマンスカーの車内に入ると、昔のままの列車の匂いが残っている。それとともに蘇るのは、楽しい思い出の数々である。

ろまんすかーみゅーじあむ
神奈川県海老名市めぐみ町1-3
📞043-233-4110
開館時間:午前10時〜午後6時
休館日:第2,第4火曜日
入館料:大人(中学生以上)900円、子ども(小学生)400円、幼児(3歳以上)100円
団体は大人(中学生以上)800円、子供(小学生)300円、幼児(3歳以上)50円
文・今村博幸 撮影・JUN

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする