あの感動を再び アジア初の五輪を振り返る企画展

新宿歴史博物館(東京・新宿区四谷三栄町)

retroism〜article96〜

 あの感動を再び!

 1964(昭和39)年にアジアで初めて開催された第18回オリンピック東京大会は、戦後の高度経済成長を象徴する祭典だった。

 新宿歴史博物館(東京都新宿区四谷三栄町)地下1階企画展示室で、「オリンピックと新宿」と題した企画展が3月20日から開催される。5月23日まで。 

新宿歴史博物館所蔵資料展「オリンピックと新宿」のポスター

 新宿区内では、国立競技場(国立霞ケ丘陸上競技場)で開会・閉会式をはじめ、陸上競技、サッカー、馬術が開催された。サッカーは、同区内の秩父宮ラグビー場でも行われた。また、早稲田大学記念会堂(大隈講堂)は、フェンシングの会場として知られている。聖火ランナーやマラソンランナーも沿道の大声援を受けながら同区内を駆け抜けた。

会場内には貴重な資料や写真などがズラリ

 同展では、64年前後の関連資料、写真など80点余を展示しながら、当時に思いをはせる内容となっている。同博物館学芸員の宮沢聡さんは「オリンピックが、まだ純粋だった時代を感じていただければと思います」と来場を呼びかけている。

当時の国立競技場(国立霞ケ丘陸上競技場=左)と新宿駅の様子

 開館は午前9時半〜午後5時半(入館は午後5時まで)。休館日は3月22日(月)、4月12日(月)、26日(月)、5月10日(月)。入場無料。問い合わせは同館(03・3359・2131)。

                         【レトロイズム編集部】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする