あふれる銭湯愛をカフェで具現化 レトログッズも

Sd Coffee北千住(東京・北千住

retroism〜article94〜

「ペナントだらけのあなたの部屋に〜♪」と歌われたのは、1982(昭和57)年にリリースされた河合奈保子の「Invitation」だった。

店全体がある種のパロディーで、極め付きはこのペナント。北千住のシンボル・お化け煙突、タコ公園、銭湯絵、千住葱(ねぎ)などが描かれている

 当時、修学旅行のお土産の定番であり、部屋の壁上部や天井には、必ずと言っていいほど飾られていた時代があった。そんなペナントを新たに作り、売っているのが東京・足立区にあるにカフェ「Sd Coffee北千住(以下Sd Coffee)」だ。店内には、思わず買いたくなる面白グッズが所狭しと並んでいる。

 店主の鈴木保幸さんが説明する。「近年では、下町の雰囲気が色濃い北千住って、外国のお客様もたくさん来るし、観光地的な匂いがするんですよ。観光地にはお土産がつきものだと思いついて、いろいろなグッズを作るようになったんです」

オリジナルの木の桶に乗って供されるホットドッグ。むっちゃシリシリチーズ1100円。ハムの名店「千駄木 腰塚」の特性ソーセージは食べごたえ十分だ

 それが、「THE NORTH SENJYU」などと書かれた帽子や木製の升、迫力あるホットドッグが描かれたキーホルダーであり、ペナントだった。「ペナントは、現在作っている工場が日本にはありませんでした。海外で作るのはなにか違うと思い、なんとか国産でやりたいと思いました」。鈴木さんならではの麗しいこだわりだ。「作ってくれるところを探したら、お相撲さんの化粧まわしを作っているところに行き着いたんです。さらに運動会などに使う旗を製造している場所にもお願いしました」

客層は6割が女性、20代が多い。どの顔も例外なく楽しそうだ

 最初、今の若者には、これが何なのかすらわかってもらえなかった。「実際に、『面白いから買いたいけど、どうすればいいんですか?』って言われました」。鈴木さんが説明すると「なんだかわからないけれど、まぁいいやって買ってくれる人も多いんですよ」。鈴木さんが笑う。「今、ペナントを入れる三角の額縁を作っています。居間に飾ったら格好いいですよ」

 Sd Coffeeがオープンしたのは4年前(2017年)である。「Sd」には二つの意味がある。ひとつは実家の静岡で父親が営んでいた電器店『鈴木電気』、もう一つは『銭湯大好き』をそれぞれローマ字表記した頭文字だ。「街の電器屋を継ぐことは今の時代厳しいと感じていました。ただ、どこかのタイミングで、のれんは継がせてほしいって話を父親としていて、最終的に守った形です」

電球や自転車、銭湯グッズなどが並ぶ店内は、懐かしくもあり不思議と落ち着いた空気が漂う

 形や内容が違ったとしても、父親の血脈をきちんと受け継いだ鈴木さんの男気はあっぱれだ。もともと、商売をしたい気持ちはあったと鈴木さんは言う。「商売人の家庭で育っているので、お客様と接したりするのは好きでしたからね」

「銭湯大好き」という気持ちは、若い頃の苦労が原点だ。実家を離れ、東京で自活を始めた頃、アパートには風呂がなかった。近くには夜中の1時まで開いていた銭湯があったが、終電で帰ると閉店時間を過ぎていることも少なくなかった。「でもね、銭湯の方が、僕の状況をわかってくれて、こっそり入れてくれたりと、とてもお世話になったんですよ。本当にうれしかった。人の情を強く感じましたね」。やがて結婚し子供ができてから、懐かしさから改めて銭湯に通うようになる。「気がつくと、銭湯が教育の場になってました」。優しい目をした鈴木さんが、銭湯の魅力を語る。

タイルで作られた水場が、銭湯をほうふつとさせる

「下町っていまだに、雷おやじみたいのがいて、桶(おけ)の置き方や湯船にはそっと入るものだとか、洗い場でも、隣の人にお湯が飛ばないように静かに扱うことや、水も大切な資源だから遠慮して使えとかーー。さまざまなことを教えてくれるんです。身内以外の人に注意してもらえたりしかられるのは貴重な体験です。そんな文化が銭湯には残っている。特に千住あたりはそれが強いと思います。人生の縮図ですよね」

 世の中が、他人に対する思いやりや環境に対する配慮などで成り立っていて、そこで学んだマナーは、社会生活の中にも応用が可能だと鈴木さんは力を込める。「子どもたちを育てていく中で、そんな意味でも銭湯って大切だなって思っています」

壁に描かれた銭湯絵は、日本最高齢絵師である丸山清人氏(86)の作。本物を好む鈴木さんの強い意志が表れている

 銭湯をコンセプトにした理由がさらにもう一つある。自分が大好きな銭湯という空間を知らない若い人たちに、知ってもらいたかったと言うのだ。「ちょっと変わったカフェに行ってみたら、銭湯グッズや銭湯絵があって、なんだか面白そうだと感じてもらえたらうれしい。そして今度は、銭湯を体験してみようかなって思ってもらえたら最高ですね」。銭湯を知らない世代にも、ましてや銭湯好きなら一度は足を運んでみる価値ありだ。

ホットドッグは7種類あるが、「どれもおいしそう」なので
選べない人は、ガチャガチャで出てきたキーホルダー(7
種類のいずれかが入っている)を頼りにという遊び心も 

 店内には、古くて懐かしいものがあふれている。「おもちゃ箱」であり「宝箱」だ。開店当初は、もう少しおとなしい内装で、おいしいコーヒーを出す店としてオープンした。もともとあった、「鈴木電気」と「銭湯大好き」というコンセプトに従い、手探りで店を作ってきた。電器屋と銭湯を軸にして、店の内装または飲み物やフードを提供すれば、面白いものができると考えた。「洋風と和風、新しいものと古いものなど、さまざまな文化をかきまぜて新しい文化にしてしまうところが、日本人の得意な部分だし、いいところですよね」

 店を彩るグッズは、自らコツコツ集めたものも多い。鈴木さんの内部には歴史あるモノに対する思いが強いのだ。「日本メードが全てとは言いませんが、電化製品でも、日本で作られた商品や部品は、すごく良くできているんです。もともと電器屋なのでそのあたりはよく分かります。長く使い続けることで、作った人の思いや工夫が見えてくるところも楽しい。だから、デザインも含めて昔のものっていいなって思うんですよ」。置いてあるモノも凝っている。スロバキアの映画館やスウェーデンの小学校で使われていた椅子、テーブルは懐かしのテレビゲーム台などがセンス良く店内に並ぶ。

フードをおかもちで運ぶ店主の鈴木
ん。
人間性豊かで温かな人柄に触れた
客は、自ずとリピーターになるという

 飲み物の基本となるコーヒーがおいしいのは、手間ひまを惜しまないからだ。4種類の豆を自家焙煎(ばいせん)してブレンド、ハンドドリップで落としている。「ほぼ毎日焙煎(ばいせん)します。ただ、ひきたてのほうがいい場合と、少し寝かせたほうがおいしくなるものもあるので、豆によって調整します」。焙煎した豆は、産地によって寝かせ方を変えて、それぞれ別に焙煎した後にブレンドする念の入れようだ。味に関しても全てテイスティングして確認する。「どうせなら、ちゃんとやりたいですから」と鈴木さんは、自身に満ちた表情でうなずいた。

入り口に置かれたコカ・コーラの広告入りのベンチが思わず目に留まる

 思わず笑ってしまうようなネーミングとビジュアル的に迫力あるホットドッグ、パフェなどのフードは、スタッフと意見を出し合いながら作り上げたものだ。「昭和感、銭湯感、電器屋感が出るように、さらにちょっとおふざけ感も入れながら、若い人たちに、どうアジャストしていくかを考えます。お客様の年齢層は、高校生からお年寄りまで幅広いですよ。お孫さんに連れられて来店してくださるおじいちゃんやおばあちゃんたちには『懐かしいね』とか、『昔あったよね』とか言いながら楽しんでいただいています」

 話を聞けば聞くほど、鈴木保幸という男が、只者(ただもの)ではないと思わせる。彼の発想力や物事を進めていく推進力に感心させられることしきりなのだ。店の面白さ、魅力、楽しさは、経営する人間のそれにガッツリと比例していた。

 のれんの向こうに昭和の古き良き時代が舞い降りた。

 

えすでぃこーひーきたせんじゅ
東京都足立区千住4-19-11
📞03・6806・1013
営業時間:午前11時30分〜午後6時(時短営業中)
定休日:火、水

文・今村博幸 撮影・JUN

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする