レコード文化の真の楽しさを全ての音楽ファンに

 

TOWER VINYL SHINJUKU(東京・新宿)

retroism〜article89〜

「レコードで音楽を聴く魅力は、自分と楽曲とのつながりの深さだと思います」

 タワーレコード広報室の寺浦黎(れい)さんが言い放った。「実際に店に足を運んで自分で探した曲って、一生涯大事に聴くと思うんです」。棚の前に立ち、目的のミュージシャンのインデックスプレートの中からレコードを引き出しながらお気に入りの一枚を探す。盤面に傷がないかなどを確認して視聴させてもらい、購入して家に持ち帰る。その手間暇が、思い入れを増幅させるのだ。場合によってはジャケ買いも楽しい。「音楽にどっぷりつかってるっていう、承認欲求も満たされると思いますよ」

新しいものも含めて、その時々のお勧めの盤が壁一面に飾られている。さながらアートギャラリーのよう。レコードだからできることだ

 タワーレコードがレコードに特化したショップとして、「TOWER VINYL SHINJUKU」をオープンさせたのは、2019年3月のことである。「私どもは、CDをメインに取り扱っていますが、全国の店舗ではLPも販売していて、ここ数年、どの地域でもレコードの売り上げが伸びていました。つまり私たちは、お客様のニーズを肌で実感していたのです」

棚に刺さっているレコードは宝の山。
自分だけの宝物を掘り当ててほしい 

 そこで、専門店として、新しいものや懐かしいものを全部ひっくるめて、良品をピックアップして客に勧められる店作りを目指した。場所も、音楽関連の店が数多並ぶ新宿を選んだ。日本参入当初は新譜の輸入盤の卸からスタートして、のちに新品譜CDの専門店となったタワーレコードだが、中古も取り入れていくことで客のニーズに応えた。

アメリカ最強かつ最高とも言われるバンド「NRBQ」のサイン入りアルバムは、ファン垂涎(すいぜん)の一枚だ

 コンセプトは、「敷居は低く奥が深い」だという。いわゆる中古のレコードショップは、比較的こぢんまりした店が多く、コアなファンが多く訪れる場所のイメージは否めない。しかし、ここは違う。「天井が高く開放的なのが大きな特徴です。幅広い層のお客様に気軽に来店していただける。家族連れでバギーを押しても動きやすいスペースも確保しました」

 レコードに親しんでこなかった人でも、「レコード店」にあるワクワクするような雰囲気を気軽に楽しめる。実際に手に取れば、見応えのあるジャケットに魅了され、購買意欲は嫌がおうにも高まるのだ。「実際に、赤ちゃん連れのご夫婦も少なくありませんし、学生さんも目に付きますよ」。寺浦さんはほほえんだ。

LPを一枚ずつめくりながら求め
る音楽を探す作業が無性に楽しい

 タワーレコードが(卸売業として)日本に上陸したのは、1979(昭和54)年のことだ。81年には東京・渋谷区宇田川町に大規模店舗がオープンし、アメリカ盤レコードの販売が始まった。輸入盤特有の良い香りに包まれた店内は、レコードファンを拡大し、熱狂させたのである。そのタワーレコードが、新たにレコード専門店を作ったことは大きな意味がある。「ただ単に、タワーレコードがレコード売り場を作ったということではなく、あくまで独立したレコードショップという位置づけです。どのスタッフも、この場所を別格と考えています」

昭和に輝いていた日本のミュージシャンも豊富だ。チューリップのベスト盤で、青春を思い出し涙するご仁も多いはず

 音楽業界を取り巻く流れは、レコードというメディアへと傾いていると寺浦さんは言う。「最近のアーティストは若手やベテラン問わず、新譜をレコードでも出す人が増えています。ここも最初は、中古のLPのほうが多かったのですが、最近は新品譜と半々ぐらいになってます。結果として、若いお客様が多くなっていると思います」

 客層も幅広い。オープン当初から足を運ぶ、昔からレコードに慣れ親しんだ40〜50代の男性が中心だったが、新宿店が独自に応援している星野源が新譜のLPを出して注目され、若いリスナーの関心も高まった。「星野さんは、20代女性からも人気が高く、LPを自宅に所有しておきたいという気持ちにさせたようです」

アナログレコードのコレクターである社長もお気に入りのアルテックA5。アルニコが奏でる深い音が心に響きまくる

 また、ベテランの域にあるミスター・チルドレンが昨年12月にリリースした新譜と同時に作った初回限定アナログアルバム「SOUND TRACKS」も売れ行きが好調だ。「ミスチルをずっと聴いてきたファンならば、彼らが初めて手掛けたLPを、手にしておきたいと考える人は多いと思います」

 所有する喜びとともにある音の軟らかさや、曲に入る直前の針とレコードが擦れる音などが、不思議と気持ちを落ち着かせてくれる。音が持つ絶対的な厚みと温かみは、デジタル音源とは全く別物だ。さらに寺浦さんは続ける。「ヴィンテージになればなるほど、価値が増していくのがレコードならではです。プレスの1回目と2回目とでは価値が違います。だからマニアは初盤にこだわる。そんな楽しみはCDでは味わえません」。いま発売されているレコードも、プレス数を制限しているものも多く、音の良さはもちろん、モノとしてのプレミア感もあるのだ。

笑顔がチャーミングな広報の寺浦さんが持っているのは、伝説のレコード店パイドパイパーハウスの元店長・長門芳郎氏おすすめの3枚

 広い売り場は、開放感に満ちている。壁一面には新品と中古両方の中から、注目やイチオシのレコードが面出しで飾られているのも美しい。店内を覆い尽くすのは、マッキントッシュの真空管アンプを通してスピーカーのアルテックA5から繰り出される、重厚かつ繊細、艷やかな「レコードの音」だ。

「いい音でレコードを聴きながら自分のお気に入りを選んでいただきたいですね。当店に来ていただければ、レコードカルチャーの真の楽しさ感じてもらえると自負しています」

壁に掛けられているLPを眺めていると、ビートルズの2枚目「ウイズ・ザ・ビートルズ」がひょっこりと顔を出した

 「NO MUSIC, NO LIFE.」な全ての人たちをより深い次元で満足させる、唯一無二の空間。ここに来れば、自分にとって思い入れのある大切な一枚にきっと出合えるはずだ。

たわーゔぁいなるしんじゅく
東京都新宿区新宿3−37−1フラッグス10F
📞03・5360・7811
営業時間:午前11時~午後11時(1月15日現在、時短営業のため午前11時~午後8時)
定休日:不定休
https://tower.jp/site/vinyl
https://tower.jp/store/ 
https://twitter.com/towervinyl 
https://www.instagram.com/towervinyl/ 
文・今村博幸 撮影・JUN

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする