何もないが幸せだった ベーゴマとメンコの日々

コラム其の拾(特別編)

retroism〜article85〜

 物がたくさんあることは果たして、幸せなのだろうか? 子供の頃の遊びを振り返る時、そんな疑問が心に浮かぶ。昭和30年代から40年代にかけて、今と比べれば、物資に乏しかった。

 遊び道具も決して豊富とは言えない。与えられるものは最小限。スイッチを入れさえすれば、すぐにゲームの画面が現れるなどは想像すら出来なかった。ならばどうしたのか。自ら作り出さなくてはならなかったのだ。ルールも状況によって友達と話し合いながら決める。同じ遊びでも、地元ルールが存在していたのは、当然と言えば当然である。

 はじめから用意された道具や決められたルールはなかったが、一つの遊びにしても、次々とルールが変わっていき、基本はあったとしても、変幻自在に形を変える遊びは、子どもたちを飽きさせることはなかったと思う。例えば、ベーゴマ。鋳物で作られた単純極まりないおもちゃだ。床(とこ)の張り方から、ひもの巻き方、コマの改造まで多くの手順と技術が必要な、奥深い遊びだ。

かつては、いくつかの工場によって作れていていたベーゴマ。現在作っているのは1軒のみだ

 まず、床に張るのは、キャンバス地やビニールシート、台にはプラスチックの樽(たる)が使われた。両者とも、誰がどこかから持ってきたのか分からなかったが、そういうものが割と簡単に手に入った時代の話だ。おそらく近所の商店か町工場あたりのおじさんかおばさんに、頼んでもらってきたものだったのだろう。いつも集まるメンバーの中に、張り方の上手いやつがいて、その役を請け負った。ただ、いない時は難儀した。床張り名人の二番手が受け持つこともあれば、集まったみんなで、四苦八苦することもあった。何しろ、シートがきちんと張られていないと、コマが正常に回らない。まさに、舞台が良くないとつまらない芝居のように、楽しさも半減してしまうのだ。

 紐(ひも)の巻き方も数種類あった。最も一般的なのは、紐の端10センチぐらいを残して、コブを数センチの間隔を開けて二つ作り、とがった部分を中心に巻いていく、女巻きと呼ばれるやり方だ。紐を引いた時の力が、コマに伝わるように、しっかりと巻くのが肝要だ。ベーゴマで最も大切なのは、試合に臨む前の入念な準備である。一般的に、重心が低く重さがある方が有利とされていた。そこで子どもたちは、コマの先端を(最下部)をヤスリで削って、高さを低くすることに夢中になった。また六角形や八角形の縁を削るのもよく行われた。コマ全体のバランスを整えるのと、相手のコマとあたった時に、弾く力を強くするためだ。さらに、重量を増すために、コマの上にロウを垂らしたり、丸い鉄板を接着剤で貼り付けたりもした。強いコマを作るため、「削る」という作業は、戦いに臨む前の大事な準備だったのである。

 最初から最後まで、ベーゴマにまつわるもろもろの作業は、根気のいる手作業だった。売っている元のコマのままでは、実際には使い物にならず、最強のコマを作るために、自分の手と頭を使った創意工夫が必要だった。しかし、作り上げた時点で喜びはすでに大きかったし、対戦で勝てば全てが報われた。もうひとつ、当時のヒーローの名前が書かれていたことも、心を弾ませた。「長島」、「王」、「力道山」など、子どもたちにとってのスーパースターの名前が掘られているだけで興奮し、それを所有することで、気持ちは高らかに鳴リ響いたのである。

昭和の時代に多く作られた黄金バットや怪物くん、エイトマンの絵柄が郷愁を誘う

 戦わせて所有権が移る、俗に言う「喧嘩(けんか)ゴマ」がベーゴマの基本だが、メンコも同じだった。勝負の着け方で一般的だったのが、「起こし」だ。地面に置かれたメンコの脇に自分のメンコをたたきつけて風圧で裏返す。相手のメンコの横に足を置くなどの技もあった。自分のメンコが相手のメンコの下を通過するなど、地方ルールを含めると、さまざまな戦い方があった。いずれにしても、ベーゴマと同じように、勝負をして、勝てば所有権が移動する。

 強くするため、メンコに手が加えられることがあったのもベーゴマと同じだ。メンコを張り合わせて分厚くし、ひっくり返りにくくしたリ、ロウを塗り重量を増やすというのもあった。中には、メンコの表面と裏面をはがして、間に鉄板を入れる猛者まで登場した。どんなに頑張ってもびくともしない。当時、クレームが出たかどうか忘れたが、今考えると完全に掟(おきて)破り、禁断の改造だったといえるだろう。

床目掛けてベーゴマを放つ。ワクワクする瞬間だ

 メンコの大きな特徴の一つは、表面にヒーローたちの絵や写真(割合としては絵のほうが多かったと思う)が、カラーで印刷されていたところだ。昭和40年代はじめに多く見られたのは、「月光仮面」、「パーマン」、「力道山」などであリ、ブロマイドの要素も兼ね備えていたと思われる。

 子どもの頃、熱狂したベーゴマとメンコをもう一度、手にとってみてほしい。大人なった今でも、あの頃の興奮が蘇るからだ。そして、夢中になっている自分が、なぜか、誇らしく思えてくるのだ。

文・今村博幸

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする