時をかける昭和の名曲カバーにココロ弾ませ!

コラム其の玖(特別編)

retroism〜article79〜

「今春が来て君はきれいになった」

 誰もが認める名曲「なごり雪」のサビのフレーズだ。別れ際の刹那(せつな)、去っていく恋人の表情とともに、彼女の存在の大きさに改めて気付かされた主人公の心情がよく表われている。この楽曲が最初に世に出たのは、1974(昭和49)年。かぐや姫の大ヒットアルバム「三階建の詩」に収録された。

音符の並びは同じでも、カバー曲になると、まるで違う世界が展開される

 季節外れに降り出した雪が舞うホームを背景に、汽車が発車する時間を気にする主人公と田舎へ帰る恋人との心象風景がじんわりとにじむ歌詞。加えて外連(けれん)なく心に染み込んでくるポップなメロディーは、多くのファンを魅了した。それまで作詞に専念していた正やん(伊勢正三)が曲も手掛けたのがこの曲と「22才の別れ」だった。作曲を提案した南こうせつが、そのクオリティーの高さに舌を巻いたと言われ、大ヒットした「神田川」の第2弾シングルにと構想していた。アルバムは同年3月にリリースされたが、同じ年の12月、イルカによるカバーバージョンがシングルで発売され、翌年にかけてオリコン集計で55万枚のセールスを記録、累計では80万枚の大ヒットになった。

 イルカに始まりほぼ毎年誰かにカバーされてきた。1976年には天地真理、82年の第33回の紅白歌合戦では榊原郁恵がNHKホールにて生のステージで披露した。2000年代に入ると松浦亜弥、平原綾香、徳永英明、夏川りみ、09年には坂本冬美や中森明菜も、14年には桑田佳祐、平井堅が次々に歌った。

 あらゆるミュージシャンがカバーし続けているのには理由がある。この楽曲がいまだにまったく色あせることがないからだ。いつ聴いても新鮮で、歌詞やメロディーが陳腐化しない。あたかもクラシック音楽のように、同じ曲をありとあらゆるオーケストラが繰り返し演奏する。それぞれには指揮者の解釈がガッツリと盛り込まれているから、そのたびに新しい感動がある。それと同じ趣をこの曲は持っているのだ。

小さな体のイルカが持つギターは、心持ち大きく感じた

 懐かしいはずの曲が、カバーされるたびに、新しいイメージを開花させる妙に舌を巻く。46年前の曲が何度も生まれ変わり、その都度新たな感情と、変わることのない懐旧の念が同時に体を包み込む。これほどまでに、今と昔を強く結びつけ、押し寄せるような感情をわき立たせてくれるモノやコトは他にそう多くはないだろう。好みもあると思うが、坂本冬美バージョンは絶品だ。イルカが歌うと甘酸っぱい青春ソングだが、坂本のそれは、艶のある風景が随所に描かれた絵巻物を見せられるようだ。

 日本のカバー曲の歴史は、1960年に起きた小林旭による「ズンドコ節」のリバイバルブームと時を同じくして始まる。70年にリリースされた、尾崎紀世彦の最初のアルバムは全曲洋楽を改めて編んだ「尾崎紀世彦ファーストアルバム」で、オリコンチャートの2位を記録。カバーアルバムでオリコン1位を日本で最初に記録したのは、吉田拓郎の「ぷらいべえと」だった。ビレッジピープルの「Y.M.C.A」を日本に紹介した西城秀樹の「YOUNG MAN」は、日本歌謡大賞を洋楽のカバー曲として初めて受賞した。

 いわゆる逆カバーと呼ばれたのは、日本の楽曲を海外のアーティストが歌ったもの。レイ・チャールズがサザンオールスターズの「いとしのエリー」を「Ellie My Love」のタイトルでリリースしたのは、この年代のリスナーにとっては衝撃的だったといっても過言ではない。あのヒット曲が、レイ・チャールズの声で、レイ・チャールズ節で聞こえてきた時、涙とともに聴いたご仁も少なくないだろう。

なごり雪を歌っていたイルカは、オー
バーオールがトレードマークだった 

 また一方で、過去には、この曲がカバーだったの?という曲も少なからず存在する。例えば、皆川おさむの唯一のヒット曲「黒ネコのタンゴ」はヴィンチェンツァ・パストレッリという4歳の女の子が歌ったイタリアの童謡。「圭子の夢は夜ひらく」は、園まりの「夢は夜ひらく」が元祖。尾崎紀世彦の「また逢う日まで」の元歌は、ズー・ニー・ヴーの4枚目のシングル「ひとりの悲しみ」だ。

 現在も、音楽の一ジャンルとして、カバー曲は存在し続けている。かつての名曲が、絶妙に形を変えて姿を表すのその様は、音楽の多面性や柔軟性を表すものかもしれない。いずれにしても、楽曲そのものに魅力がないとなしえない。聴く者に対して、複雑な感情を覚えさせ、新たな感動をもたらす。何度も繰り返し現れる新たな世界観は、カバーという手法でしか味わえない。ひとつの曲が持つ力を再発見する極めて興味深い手法でもあると言えるだろう。

 そこに例外なく存在するのは、不思議な響きを伴う新しさと言いようのない懐かしさなのである。

文・今村博幸

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする