思わず感泣! 懐かしい昭和の看板にくぎ付け

新宿歴史博物館(東京・四谷三栄町)

retroism〜article70〜

 懐かしいレトロ看板で昭和な気分に浸る。

 東京・四ツ谷にある「新宿歴史博物館」では、「すこし昔の看板」と題した小さな展示が行われている。9月22日まで。

ひらがなの「たばこ」の看板(右)は、たばこ屋の軒先でよく見られた。「煙草小賣所」のほうは、昭和10年ごろのもの

 同博物館が展示するのは、旧石器時代から江戸時代の新宿に関する資料、新宿に住んだ近代文学者と作品などを紹介するコーナー。さらに昭和初期、戦中・戦後から平成に至るまでの新宿の変遷など。「すこし昔の看板」が見られるのは、地下1階のホワイエ(通路スペース)だ。同コーナーには、赤いたばこの看板や、黒々としたエビスビールの広告など9点が展示されている。

「この場所は常設展とは切り離された場所ですが、数年前からいろいろな展示をするようになりました。今回は今まで展示したことがないものをと、当館が持っていた看板を並べてみました。懐かしさを感じてもらえたら幸いです」。そう語るのは、学芸員の宮沢聡さん。古い看板は、見るものにそこはかとない郷愁を呼び起こしてくれる不思議な力がある。幼少の頃見た記憶が、それらの看板とともにあるからに違いない。例えば、赤いたばこの看板は、昔友達と遊んだ公園に行く途中にあった商店街の一角を思い起こさせてくれるのだ。

黒々としたエビスビ
ールの看板を見るだ
けで、ビール好きな
ら喉を鳴らす   

 商店の外壁にあった看板が面白いのは、それが広告の原点であり、向こう側に存在していた「時代」を浮き上がらせるからに他ならない。「これらの看板を生で見ていた年配の方はもちろん、若い人に是非見ていただければ、今とは違う新宿に出合える喜びを味わっていただけると思いますよ」と宮沢さんは来場を呼びかけている。

新宿歴史博物館のエントランス。建物の一部を柱で支えるピロティと呼ばれる吹き抜け空間になっている

 開館は午前9時30分〜午後5時30分(入館は午後5時まで)。第2・4月曜日は休館。入場無料。問い合わせは同館(03・3359・2131)。


【レトロイズム編集部】

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする