聖子と明菜、キョンキョンが残したもの

コラム其ノ参(特別編)

retroism〜article63〜

 あの時君は若かった。

 松田聖子をはじめ中森明菜、小泉今日子、河合奈保子、早見優、堀ちえみ、柏原芳恵などなど。日本の芸能史において、アイドル全盛期といえるのは1980年代だと断言したい。

 80年代のアイドルといえば、真っ先に思い浮かぶのが松田聖子だ。奇(く)しくも、山口百恵が引退した年の80年4月に「裸足の季節」でデビューした。当時所属していたサンミュージックとCBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)は中山圭子という新人を大々的に売り出す予定だった。ところが、デビュー曲のCMのタイアップがとん挫。急きょ、二番手だった松田聖子のデビューが繰り上がったという。「裸足の季節」の最高位は28位、売り上げは28万枚(オリコン調べ)というスマッシュヒットを記録したが、ブレークしたのは2枚目のシングル「青い珊瑚礁」がきっかけだ。キュートなルックス、抜群の歌唱力、フリフリの衣装に身を包み、男子の心をわしづかみにして、以後「絶対王者」としてアイドルの王道を突き進んでいく。

 特にトレードマークともいえる「聖子ちゃんカット」は、可愛いコもそうでないコも、さらにはヤンキーまで猫も杓子(しゃくし)もこぞってまねをして一大ブームを巻き起こした。巷には「ブス隠し」と揶揄(やゆ)される聖子ちゃんカットの女子があふれかえっていた時代だった。後にデビューした中森明菜、小泉今日子、早見優、松本伊代、堀ちえみ、石川秀美などの「花の82年組」もデビュー当時はこの髪形をしていた。ちなみに令和となった現在、テレビドラマ「今日から俺は‼︎」(日本テレビ系)などの影響から、20歳前後の若者を中心に流行の兆しを見せているという。松田聖子恐るべしだ。


松田聖子が歌う素晴らしい楽曲は令和の今も色あせない

 松田聖子を西の横綱とすれば、東の横綱は中森明菜で異論の余地はないだろう。デビューのキャッチフレーズ「ちょっとエッチなミルキーっ娘(こ)」は笑えるにしても、ファーストシングル「スローモーション」の楽曲と合わなかったのか、期待されたほどレコードの売り上げは伸びなかったため(最高位は30位、売り上げは17万枚=オリコン調べ)、路線変更を余儀なくされる。そんな中、セカンドシングル「少女A」は、山口百恵の「プレイバック・partⅡ」をほうふつとさせるツッパリ歌謡で勝負をかけた。それが見事に当たり、脚光を浴びる(皮肉にも明菜自身は「少女A」を嫌いな曲と公言している)。次のサードシングル「セカンド・ラブ」の大ヒットにより、一気にスターダムにのしあっがっていった。その後の大活躍は言わずもがなだ。

 聖子が万人受けしたのに対して、明菜のファンはヤンキー系や水商売系の割合が比較的多かったように思う。憂いのあるまなざしでテレビカメラをにらみ、楽曲ごとに違った表情を見せるいわば「女優」でもあった。振付師の三浦亨さんはテレビ番組の中で、「取り憑かれたような歌ばっかり」「一回一回、死んでも良いって感じでやっていた」と述懐している。聖子が「陽」ならば、明菜は「陰」。声質や歌い方、楽曲、衣装はもとより、性格から生き様まで対極にあった。聖子がさまざまな男性と浮名を流し、三度の結婚や出産を体験したのとは対照的に、明菜は交際相手だったマッチ(近藤真彦)が米国・ニューヨークで聖子と密会していたことを知り、自殺未遂騒動を起こしたといわれている。その後、所属していた大手芸能事務所・研音もやめ、個人マネジャーとともに再出発したのを機に仕事が激減し、テレビから姿を消した。マツコ・デラックスやミッツ・マングローブをはじめ、稀代の歌姫を今もなお、愛してやまないファンも少なくない。

復活が望まれる伝説の歌姫・中森明菜

 そして、もう一人忘れてはならない存在がキョンキョンこと小泉今日子だ。デビュー当初は、王道のアイドル路線を突っ走っていたが、聖子や明菜が大ブレークを果たす中、二人ほどの圧倒的歌唱力があるわけではなく、いわば数あるアイドルの中のひとりに過ぎなかった。そんな彼女が5枚目のシングル「まっ赤な女の子」で勝負に出た。それまでの聖子ちゃんカットをバッサリ切ってショートカット(しかもえり足は刈り上げ)にしたのは正直度肝を抜かれた。機動戦士ガンダムに例えるなら、主人公のアムロ・レイがニュータイプに覚醒していくような衝撃的な出来事だった。物事に対して斜に構えて生きてきた筆者は、王道の聖子には全く興味が湧かず、かといって明菜に走るのも気が引けた。そんな筆者の心に突き刺さったのがキョンキョンだった。歌以外にも、ファッションに注目が集まったり、過激なグラビアが話題になったりした。特に毎日グラフ別冊「活人」の表紙での全身黒塗りの姿は衝撃的だった。また、自分のことを「コイズミ」と呼ぶなど、サブカルチャー系における影響力はすさまじかった。以降、唯一無二のアイドルとして確固たる地位を築いたのは必然だったといえる。

「#検察庁改正案に抗議します」のツイ
ッターなど小泉今日子の影響力は今も

 翻って、現在のアイドル事情を鑑みると、AKB48グループや乃木坂46などの坂道シリーズに代表される「会いに行けるアイドル」はファンとの距離が縮まった。アイドルは身近な存在になり、隣のちょっと可愛いコが好まれ、かつてのように「アイドル=抜群に可愛いコ」という定義は崩壊した。しかも、ピンで歌うのは、松浦亜弥、藤本美貴あたりが最後だと記憶している。

 本来アイドルとは偶像であって、決して手に届かない遠い存在だからこそ憧れるのである。没個性といわれる令和の時代だが、超絶なルックス、聴くものを魅了する歌唱力はもちろん、一度聴いたら忘れられないような素晴らしい楽曲とともに、かつての聖子、明菜、キョンキョンのような個性的で魅力あるアイドルが彗星(すいせい)のごとく現れることを切に願う。

文と撮影・SHIN

※新型コロナウイルス感染拡大で、現在取材を自粛しております。当面、特別編を配信する予定です。ご了承ください。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする