風景写真の巨匠愛用のカメラがズラリ

竹内敏信コレクション展(東京・一番町)

retroism〜article57〜

 魂を揺さぶる桜の写真をはじめ美しい日本の原風景と35ミリカメラ。写真家・竹内敏信氏を語る上で、必ず思い浮かぶ言葉だ。加えて、竹内氏はクラシックカメラのコレクターでもある。

 竹内氏のクラシックカメラコレクションとそれらを駆使して撮られた作品が同時に見ることができる特別展「竹内敏信コレクション展〜時をこえたカメラと風景〜」が、東京・一番町の「日本カメラ博物館」で、2020年3月31日〜6月28日に開催される。

1947(昭和22)年に製造された2眼レフ・アメリカの名機アンスコ オートマチック レフレックス

 風景写真を撮る機材として大判や中判カメラが常識と思われていた頃から、機動性を重視して35ミリカメラを好んで使用した竹内氏。写真表現においても新たな境地を開拓した、現代写真界の重鎮である。

ソビエト製のフェド-3、ライカのコピー機種だ 

 出身地である愛知の名古屋学芸大学に寄贈されている1900台とも言われる竹内氏のクラシックカメラの中から、「クラシックカメラの旅」(写真工業出版社)誌上で撮影に使われた機器80点が選ばれ、同時にそれらで撮られた作品28点を展示する。風景写真家・竹内敏信氏の視点でクラシックカメラの真の魅力を見せる手法は、日本カメラ博物館ならではと言えるだろう。

 懐かしさを覚える貴重なカメラ、息をのむほど美しい作品は、カメラ愛好家、写真鑑賞が好きな人、そして何より竹内敏信ファンならば、とことん楽しめる特別展になることは間違いなさそうだ。

中国製の一眼レフ。1972年発売。ファ
インダーが交換可能が最大の特徴だ 

 午前10時〜午後5時。月曜休館(祝日の場合には開館、翌日休館)。ゴールデンウイーク(GW)期間の4月28日〜5月10日は休まず開館。入場料は一般300円、中学生以下無料。問い合わせは同館(03・3263・7110)

【レトロイズム編集部】

※現在臨時休館中、詳細は日本カメラ博物館ホームページをご覧ください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする