鎌倉の中心でコーヒーと紫煙とレコードに酔う

レスポアール (神奈川・鎌倉)

retroism〜article51〜

 コーヒーの香りと紫煙がゆるやかな曲線を描く。喫茶店に似合うのは、そんな風景だし、ないと様にならない。「コーヒーを飲むと、たばこが吸いたくなりますよね」 。「レスポアール」のマスター飯島光男さんがそう言ってほほえんだ。今やどこへ行っても、たばこを吸う人間が後ろめたさを感じる中、愛煙家にとって、なんとも心強い喫茶店がレスポアールなのである。 使い込まれたサイフォンで、一杯ずつ入れられる香り高いコーヒーが、鎌倉観光で疲れた体を癒してくれる
 40年以上コーヒーを入れ続けてきた、マスターの腕は確かだ。サイフォンで一杯ずつ淹(い)れられるコーヒーは、苦みと酸みのバランスが絶妙で、きちんとコクもある。昔飲んだ味わい深いコーヒーを思い出させる。「サイフォンを使うのは、演出もあります。特に若い人は、珍しがってくれますよ」

「コーヒー専門店ですが、苦手な方もいらっしゃるので、オレンジジュースやクリームソーダも用意しました」と飯島さんは気遣いも忘れない

 もちろん演出だけではない。きちんとした技術は必要不可欠で、飯島さんはそれを持った正真正銘のプロである。飯島さんのコーヒーは、1杯分12グラムと豆の分量が少し多めだ。火をつけて、フラスコのお湯がロートへ上がったら、かくはんして抽出する。この混ぜ具合が味を左右する。火を止めた後は、フラスコの底をぬらしたダスター(ふきん)で撫でながら冷やし、抽出したコーヒーの落ちる速度を絶妙に調節する。そしてもう一つ大切なことがあると、飯島さんは言った。「おいしく点(た)てよう、おいしく点てようって思いながらサイフォンを扱います。するとコーヒーはおいしくなります。いい加減にやってるとやっぱりダメなんですよ」。昔懐かしいうまいコーヒーはこうして出来上がるのだ。

入り口には、大きな文字でレアチーズケーキの文字。店の信条もさりげなく貼られている

 そのコーヒーと一緒に食べたいのが、飯島さん手作りのレアチーズケーキである。「材料は、チーズに生クリームとヨーグルト、卵黄と砂糖、生のレモンを搾って入れて、ゼラチンで固めます。朝作って冷蔵庫に入れて、3日目ぐらいが食べごろです。コーヒーによく合いますよ」と飯島さんは胸を張る。食べてみると、確かにコーヒーとチーズケーキの「マリアージュ」は、めっぽう相性がいい。お互いが味を引き立て合うのだ。飯島さんは、「うちのチーズケーキは、ビールにも合うんですよ」声を少しだけ潜めて言った。  

高級感あふれるMIKASAの皿が使われている。「ケーキの色と合ってるでしょう」と飯島さん。単品650円、コーヒーとセットで1000円

 1976(昭和51)年、レスポアールは開店した。飯島さんが当時を振り返る。「『アンノン族』がはやっていて、雑誌を抱えた若い女性たちがたくさん鎌倉の街を歩いていた頃です」。横浜と鎌倉の境である栄区の出身である飯島さんは、そんな鎌倉を自らの店の場所として選んだ。「学生の頃遊びに来るのは、鎌倉でした。住所は横浜でも、鎌倉の方が近かったし、地元という意識が強かったのです」

思い入れたっぷり入れて作った北欧風の内装。レリーフが施されたしっくいの壁にこだわりを感じる

 店名の由来もなかなかユニークだ。「赤いシリーズっていうドラマがあったんです。山口百恵と三浦友和主演でした。あるシーンでヨットが出てきて名前がレスポアールだったんです。これだって思いましたね」。希望という意味も気に入った。それから44年。真ちゅう製ミルク用のピッチャー、特注の椅子、一枚板のカウンターなども変えずに店を続けてきた。「30年ぶりに訪れたんですけど、全く変わってませんねって、言ってくださるお客様が来店くださると、変えずにやってよかったなって思います」

レジの奥に置かれたターンテーブル。「レコードプレーヤーで音楽を鳴らしてるんですねって、お客さんが気づいてくれるとうれしいですね」

 もう一つ変えてないのが、TORIO(現KENWOOD)でそろえたレコードプレーヤー、アンプ、スピーカーで鳴らすBGMである。流れるのは、ピアノによるリラクゼーション系の音楽だ。「コーヒーを淹れるのはもちろん、きちんと手間をかけて、喫茶店で過ごす時間を提供するのが、僕の仕事です。だからコーヒーを機械で淹れたくはないし、音楽も、レコードを自分でターンテーブルに載せて流したいと思っているんです」

 鎌倉の小町通り周辺は、新しい店がたくさんでき、一昔前とは随分様子が変わった。「でも、僕のところは何一つ変わっていません。観光地である鎌倉来た時、うちに寄ってくれた人の思い出に残るような店になれたらって思っているからです」

店はビルの中にある。「他の店は何度か変わってますが、最初からこのビルに入って残っているのは当店だけです」

 レスポアールが変わらないのは、飯島さんのそんな願いがあればこそ。たばこの煙と淹れたてのコーヒーの香り、レコードの心地よいBGMとともに、今後もレスポアールは愛され続けることだろう。

れすぽあーる
神奈川県鎌倉市小町2-8-16 
📞0467-24-9449
営業時間:午前10時〜午後6時半
定休日:不定休
文・今村博幸 撮影・柳田隆司



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする