「男はつらいよ」の全てが集結 寅さんに再会も⁉︎

寅さん記念館(東京・柴又)

retroism〜article50〜

 人生で必要なことはすべて「寅さん」で学んだ。

 山田洋次監督は、「男はつらいよ」シリーズの中に、あらゆる要素を詰め込んだ。「人情」だとか「人の優しさ」は言うに及ばず、「業」までも彼はスクリーンの中に描いて見せた。映画全体を包んでいたのは、人間の営みに対するいとおしさだ。そんな山田監督の世界観をまとめ上げた、珠玉と呼びたい場所が、聖地の葛飾・柴又にある「寅さん記念館」である。ディテールにこだわり、造りが非常に凝っているのが、最大の魅力だ。

くるまや店内はリアルそのもの。椅子には腰掛ければ、くるまやの客気分になれる

 撮影現場の様子をスタッフのパネルやビデオを使いながら紹介するところから、記念館は始まる。広報の井上月乃(つきな)さんが言う。「スタッフの人たちのチームワークは抜群だったみたいですよ。中には第1作から携わっていた人もいたそうです」。次のコーナーでは、寅さんの少年時代から、放浪の末、故郷・柴又へ戻るまでの物語がジオラマで紙芝居風に語られる。声は、妹さくら役の倍賞千恵子さんが担当した。

「帝釈天までの参道に並ぶ商店のジオラマは、松竹の美術さんが設計などを手がけてくれた、見応えのある場所です」と広報の井上さん

「男はつらいよの第1回は、寅さんが家出から帰ってくるところから始まるのですが、映画では生い立ちについては語られていません。小説になったり、2019年には、ドラマにもなったりしましたが、まとまって見られるのはここだけだと思います。山田監督の頭の中にあった寅さんの幼少期の物語を紡いであります」と井上さんは胸を張る。同時にその場所は、帝釈天の参道という設定だ。脇にあるおいちゃんの店「くるまや」へと続く。目玉であるくるまやの店内は、思わずニヤけてしまうほどリアルだ。それもそのはず、大船の撮影所からセットをそのまま移築したというのだから。店に入っていくと、映画の世界に入り込んでしまったような不思議な感覚に陥る。

寅さんのトレードマーク、トランクの中
身の全て。手前にはサイコロや花札も 

 畳の部屋へ上がる手前の板張りの擦り切れ加減も、実際に使っていた感じが良く出ている。並べられているポットや湯飲みも、遠い記憶の中に必ず残っていそうなものばかりだ。「人の営みがあったんだなという展示になっていると思います。シリーズが長いので、時代に合わせ、作品によって置いてある小道具や家電が変わってるのも面白いですよね」。くるまや裏にあるタコ社長の朝日印刷所は、映画の中で使われたものではないが、本物の活版印刷工場から拝借してきた活版印刷機や組版のための道具などが並べられ、当時の印刷所が見事によみがえっている。

くるまやの茶の間を再現したセット。和室の下に設置されたスクリーンでは、さまざまな名場面が見られる仕掛けだ

 記念館のもう一つの特徴は、いわゆる昭和の暮らしが、随所に見られるところにある。その最たるものは、緻密に作られたタイル張りの流しや食器棚だろう。「映画にはほとんど映らない部分ですが、きちんと作ってあるところが、山田監督のこだわりです。湯飲みやポット、家電製品も時代を感じさせるものを置いています」

実際に作られた台所のセット。「映像ではほぼ登場してないはず。タコ社長が歩いた時に、ちらっとぐらいは出てたかもしれません」と井上さん

 奥へと進むと帝釈天までの参道に並ぶ商店のジオラマだ。細かい部分まで作り込まれた昭和の風景が展開するのである。寅さんが鈍行列車を使って旅をしていたことにかけて、当時の駅舎の様子や電車の車内も再現されている。「実際に駅で使っていたものを、京成電鉄からお借りしたものです。切符ばさみや駅の帳簿なども本物です」。否応無しに、ノスタルジーに浸ってしまう。

予告などを見せる、ロビーカード(映画宣伝用素材)。実際に貼っていたものを苦労して集めた。良く見ると画びょうの跡も見える

 随所にある仕掛けも楽しい。昭和30年代の帝釈天の参道を再現したコーナーのジオラマの所々に筒を設置して、耳を当てると竹ざお屋の声や花火の音など、町に流れていた音が聴ける。タコ社長の印刷工場では、インクの匂いが出る装置まで備えた。全ての原点には、松竹と山田監督の強い思いがある。「3年に一度リニューアルします。その度に、コンセプトを相談し、実際に作ってみて、『こうしたほうがいい』となどと試行錯誤を繰り返し、どう見せるかを考えています。山田監督も、映画を作るような気持ちで関わっていただいていると思いますよ」

鉛の活字も印刷工場で使っていた本物。かつては、一つひとつ手作業で文字を組んでいた

 男はつらいよの魅力は、話の面白さにもあるが、日本の原風景があるところだと、井上さんは言う。「原風景は、実際に目に見える部分もあります。同時に、言動がわりとめちゃくちゃな寅さんなのに、そういう人を拒否しない温かさみたいなものが、昭和のメンタリティーとしてあったと思うんです。男はつらいよの魅力は、そんなことが映画からにじみ出ているところではないでしょうか。もっと言うと、日本人の心の原点があるのかなと思いますね」。それらを改めて感じられるのが、この寅さん記念館なのだ。

江戸川のほとりに寅さん記念館はある。入り口の「TORAsan cafe」や土産コーナー、山田洋次ミュージアムも併設する

「施設の名称が寅さん記念館なので、映画はあまり詳しくないと言って、来るのをためらう人もいると思うんです。でも、昭和の懐かしい風景や昔の暮らしが見られるのもここの魅力だと自負しています。だから寅さんを知らない人でも、ちゅうちょせずに足を運んでいただきたいですね」

 寅さんが口にした数々の名台詞(ぜりふ)は、映像とともに我々の心に刻まれている。

とらさんきねんかん
東京都葛飾区柴又6-22-19
📞03-3657-3455
営業時間:午前9時〜午後5時
定休日:第3火曜(祝日の場合は水曜)
12月第3火曜、水曜、木曜
入館料:一般500円
児童・生徒300円
シルバー400円
団体(一般) 400円
団体(児童・生徒)200円
http://www.katsushika-kanko.com/tora/
文・今村博幸 撮影・岡本央

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 西村公志 より:

    寅さんの新作見に行きました。映画館のスクリーンに男はつらいよと文字が浮かんだ時、何故だか涙が出てきてしまって。。辛いとき苦しいときいつも「男はつらいよ」のDVDを繰り返し見ながら元気をもらって目の前の現実と戦ってきと気がします。寅さん記念館是非行ってみたいと思います。

    • SHIN より:

      レトロイズム〜retroism visiting old, learn new〜をご愛読いただきありがとうございます。
      私も「男はつらいよ」シリーズの寅さんのセリフからいろいろなことを学びました。
      ぜひ寅さん記念館に行ってみてください。