ドヤ街にたたずむ昔風のニュータイプ居酒屋

山谷酒場(東京・山谷)

retroism〜article46〜

 かつて「ドヤ街」と呼ばれた街に、その店はたたずむ。

 山谷酒場は、いろは会商店街にある。オープンは、2018(平成30)年の9月。新しい店だ。「町歩きが好きで、古い町並みがあるところを歩いてきました。この山谷地区は、古い建築が残っていて面白いと思っていました」。店主の酒井秀之さんは、古いものに触手が動いてしまうという。「いわゆる『昔の喫茶店』が好きでした。古めの喫茶店巡りをしていて、マッチを集めたりしていました」。自分でも喫茶店を始めるが、状況は厳しく、職を変えようと考えていたときに、今の物件と出合った。

キープされた山谷酒。「防腐剤などは使わず、オーガニックに作っています」と酒井さん

「どんな場所がいいのかを考えていた時に思ったのは、あらゆる町にあらゆるアイディアが出尽くしているということでした。だから、あまり人の手がついてないところでやりたいと。そして気がついたのが、昔歩いたことのあるこのいろは会商店街周辺でした。この辺りが、ぽかんと開いてるように感じたんです」

 日本堤1丁目近辺には、飲み屋が少ない。特に、若者が気軽に来られる飲み屋は皆無だ。「昔の匂いがたっぷり残っている、このいろは会商店街はアーケードのある頃から好きな商店街でしたし、こちら側で何かできたらいいなと思いました」。東京の西側に住んでいた酒井さんにとって、東東京は、憧れでもあったと言う。「だから、大げさに言えば、この辺りで居酒屋ができると言うのは、私にとって夢のような話だったのです」

店名の文字は、ひげ文字で書かれている。ボトルのラベルも同じくひげ文字が。松茸のポストカードは、トイレに貼ると面白い

 新しくてファッショナブルな店は、酒井さんのイメージではなかった。ちょっと昔の居酒屋を意識した。ただ「昔」だけではつまらないので、いろいろなものを融合させた店にした。その中で生まれたのが、「山谷酒」なる聞きなれない酒だったのである。「すべては、私個人の思いだけで作った店です、何かを参考にしたわけではありません」

 ソファーもこだわりだ。「蒲田にかつて存在した『レディタウン』という、名キャバレーにあったものなんです。キャバレーのソファがポンと置いてあるのは面白いでしょう?」と酒井さんは納得顔だ。昔の喫茶店にもこういうソファーが置いてあった。懐かしい風景だ。

名キャバレーで使われていた椅子。廃業した店の備品を集めて売る村田商会から入手した

 店内はシンプルで、気取ったところがまるでない。若い客が入りやすい雰囲気が店中にあふれている。値段も抑え気味だ。山谷酒のボトルがキープできるが、そこにも酒井さんは発見があったとほほえむ。「今の若い人は、ボトルキープなんてしたことがないんですよ。キープのシステム自体も今ではかなり少なくなってきている。だから私は、来た若い人に言うんです。うちでボトルキープしてみなよって。せっかくだから、山谷の街を歩いてみなよってね」。一気にそうまくしたてた酒井さんは、目を輝かせてこう言った。「若い人が山谷を歩いてみたり、ボトルキープを体験したり。それとともに店があることがうれしいんですよ。やってよかったなと思っています」

短冊メニューが壁にびっしりが、昔ながらの居酒屋風。すべて手書きだ

 前述の「山谷酒」を作ったのは酒井さん本人である。「うちのメインは自家製酒です。ここを始めた時、普通の居酒屋じゃつまらないと思ったので、他にないものと考えて作った酒です」。甲類焼酎に、ハッカクやシナモンなど10種類のスパイスを漬け込んだ酒。漬け込むハーブの種類や割合は、酒井さんが独自に考えたオリジナルだ。飲んでみると、どこかで味わったような懐かしい感じもする。「お客さんは、飲みやすい電気ブランとか、薄い養命酒なんて言い方をしてますね」と酒井さんは笑った。

山谷酒を作れるキットも売られている。これに焼酎を注ぐだけ。「2つ3つ買っていかれる方もいますよ」と酒井さん

 合わせるつまみは、その山谷酒に合うものを中心に、あらゆるジャンルの食べ物が用意されている。「この酒には中華がわりと会うので、中華料理系が最初は多かった。ところがだんだん増えていっちゃって、節操のないメニューのラインアップになっています」と自虐的に言うが、このメニューは見ていて楽しい。

 例えば、麻婆豆腐。これは結構辛さが強いが、一口食べると止まらなくなる味。ひき肉と大ぶりの豆腐、大きくカットした長ネギは、食べ応えがあり、こちらの特徴にもなっている。トーストというのも面白い。居酒屋でお目にかかることは少ないだろう。タネを明かすと、この仕事をやる前、純喫茶を開いていた酒井さんの、いわば、昔取った杵柄(きねづか)的なメニューだ。

人気の麻婆豆腐。出来合いの調味料などは使わない。すごくうまい。辛いが止まらなくなる

 もう一つ面白いのが、卵料理が多いことである。塩炒(い)り卵、甘炒り卵、ノリ炒り卵、炒り卵とハムなどズラリ。ハムエッグやベーコンエッグなどもある。居酒屋に入ってメニューで見つけたら、絶対に頼んでしまうと思う。「この卵シリーズは人気があるんですよ。皆さん、卵好きなんですね」。今では、イタリア料理やフレンチ系もメニューに並ぶようになっている。

店は、いろは会商店街の入り口近くにある

 良い悪いは別にしても、今の山谷は確実に昔の山谷とは違ってきている。山谷酒場は、そのけん引役を担う店のひとつになることは間違いなだろう。

さんやさかば
東京都台東区日本堤1-10-6
📞03-5808-9245
営業時間:午後5時〜同11時
土日祝:午後4時〜同11時
定休日:月曜、火曜
文・今村博幸 撮影・柳田隆司

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする