銭湯のち釣り堀!? 両者の深い関係とは?


旗の台つりぼり店(東京・旗の台)

retroism〜article42〜

 一瞬、己の目を疑った。

 外観、入り口ともに紛れもなく銭湯。よく見ると「つりぼり」という看板がある。いぶかしげに中へ入ると、まごうことなき釣り堀が広がっていた。

こちらは大きめのコイが泳ぎ、壁を隔てたポンド(池)には、子供や女性でも釣りやすい小型のコイが泳ぐ

「釣り堀と銭湯は似ているところがあるんですよ」。「旗の台つりぼり店」の店長・柳田久光さんはそう言って説得力のある説明を始めた。「釣りは、針を扱うのでルールとマナーを守らないとけがをします。だから知らないおじさんに叱られる。それはちょうど、僕らが小さい時に銭湯で注意されたのとそっくりです。うちも同じです。常連さんが釣りを教えてくれたり、危ないからやっちゃダメだよって叱ってくれる。当然、世代を超えた交流がそこにはあります。良い悪いの教育の場なんです」。一気にそう言った柳田さんは、「最近、少なくなっちゃいましたからね」と少し寂しそうに言った。

きれいに手入れされた竿が美しく並ぶ。
店主の釣りに対する愛情がうかがえる 

 柳田さんがこの釣り堀を始めた経緯には、一連の物語があった。もともと工務店の「代表取締役大工」だった柳田さんは、カメラマンからスタジオ用に天井の高い物件を探してくれと頼まれた。「風呂屋ぐらいしかない」と思い、知り合いのつてを頼りに風呂屋を探す。「後輩に聞いたら、来週廃業するところがあるっていうんですよ」。話はトントン拍子に進んだ。ところが、ある程度進んだところで、カメラマンからキャンセルの連絡が入った。「僕から探してくれと頼み込んだし、後輩の顔を潰すわけにもいかないので、『僕が責任取りますよ』っていう形にしたんです」

瓶入りのハイサワーはりんご、うめ、グレープフルーツ、レギュラーの4種類、プラッシーまでそろっている

 柳田さんの、筋を通す人柄がよく現れた言葉である。いろいろと話すうちに、結局なかった話へと落ち着きそうになった。しかし、事はそれで終わらなかった。ひと山もふた山もあった後、最終的には銭湯のオーナーが柳田さんに「借りてくれないか」と言い出したのである。「最初は、広すぎるし事務所にするにもな、と思ったんですけど、結局は借りることにしました」。借りたはいいが、柳田さんはどうしたものかと頭をひねる。思いついたのが釣り堀だった。舟を所有するほどの釣り好きでもあったのも発想の元になった。

「広いし水も流せるし、釣り堀ができるなと思い、自分でやってみようかなって」。その時の柳田さんの脳裏には、子供の頃の記憶が蘇っていたという。「ちょっとした倉庫にいけすをおいて、遊ばせる釣り堀店が近所に何件もあったんです。子供たちはみんなそこへ行くのを楽しみにしていたし、大人もたくさん来てました。そんなことを思い出してね」

併設された鉄板焼きの店。「釣りで盛り上がり、鉄板焼きでさらに盛り上がったそのテンションのまま帰っていただければ」と柳田さん

 小説にでもなりそうな、数奇な巡り合わせである。「元をたどれば、僕がこの銭湯を借りることになってしまったところから始まりました。釣り堀店を自分で始めるなんて、まったく思ってもいませんでしたよ」。とはいえ、本業があるので、ここで儲けようとは思わないと柳田さんは言う。「ゴルフのシミュレーションの機械なんか置いたらもっといい商売になるんでしょうけど、それは違うと思いましたね」

 客の年齢層は幅広いと、柳田さんは胸を張る。「僕はまず、子供に釣りをやらせてあげたいんです。釣りを体験してほしいとも思ってます。そのせいか、お客様の半分以上は子供と初心者です。釣りデビューがウチって感じですね。お年寄りも若いカップルも来ます」

少し時間がかかったが、見事に立派な鯉を釣り上げた柳田さん。自分の店ながら、ちょっと満足そうな表情が印象的だった

 初心者が来るのは、彼らに対して優しいからだ。常駐する3人のボランティアは、釣りのベテラン。餌のつけかたから、ルールやマナーなどもきちんと教てくれるし、ちゃんと釣らせてくれる。釣り堀にはさまざまな人たちが集まってくる。そんな中で、ちょっと心温まる話もあった。

「母親に引き取られた母子家庭の子供がいてね。父親は月に1回しか会えない。そんな彼が、子供を連れて遊びにくるんです。この前来た時には、先週会ったから今月は会えないと思っていたら、『パパにもう一度会いたい』って子供が言ったらしく、今月は2回会えましたって来ましたよ。うれしそうだったなあ」とほほえんだ。

 柳田さんは、すべての人に優しい。もちろん障害を持った人に対しても同じだ。車椅子用のスロープやトイレも完備している。「魚釣りは楽しい。人を選ばないところがまたいいんです。こういう人じゃないと釣りしちゃいけないなんて当然ながら全くありません。そこも銭湯と同じです。変にかまえる必要もないし、障害があろうがなかろうが、どんな人でも楽しめるんです」

大人しく人懐っこい飼い犬の「こうめ」。釣り堀のアイドルでもある。

 廃業してしまった風呂屋で釣り堀を営む意味も、大きいと柳田さんは言う。「もちろん、僕の本職だから、不具合があれば手を入れますし、今までも手を入れました。ただ基本的にはそのままで残してます。ピカピカにしちゃったら意味がないと考えています」

銭湯の入り口がそのままの形で釣り堀の入り口になっている。柳田さんの思いは、「残さなきゃいけない」という使命感とともにある

 大工としても、建物は残していくべきだと、柳田さんは考えている。「銭湯自体がどんどんなくなっています。これから銭湯を始めようという人がいたとしても、こんな建物はまず造りません。ビルを建てて、今時のスタイルにするはずです。だから、これを壊してしまったら、二度と見ることもできなくなります。僕は建築に携わる大工として、中も外もそのまま残さないといけないと思っているんです」

 銭湯で釣り掘。言葉で表すと一言だが、その意味は、想像を超えて深い。

はたのだいつりぼりてん
東京都品川区旗の台2-4-4
📞03-6426-9271
営業時間:午前10時〜午後7時
定休日:月曜〜金曜 営業は土、日、祝日
入場料:こども(小学生)600円
大人女子(中学生以上)700円
大人男子(中学生)750円
(高校生以上)900円、つきそい入場200円

文・今村博幸 撮影・岡本央

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする