ジャケの絵柄で分類の尋常でないサントラ専門店

ARTS C SOUNDTRACK(東京・雑司が谷)

retrism〜article38〜

 風車がのんびりと回る田園風景があり、サイケデリックで恐ろしい一場面がある。抱きしめたくなる可愛い絵だったり、ハッとするような一瞬を捉えた写真だったり、あるいはジオメトリックな模様、有機的で生々しいデザインも出てくる。あらゆるモチーフ、あらゆる技法が次々に登場する。平たく言えばなんでもあり。往年のレコードのジャケットには、グラフィックアートとしてのまばゆいほどの輝きが、確実に存在していた。

モデル事務所の代表の肩書も持つ店主の宮越篤さん。「ギャラリー」と自ら名付けた棚の前で熱弁を振るう

 そんな魅力を切り口に棚を展開するレコード店が雑司が谷にある。「Art C Soundtrack」だ。店主の宮越篤さんは言う。「私はこの棚をギャラリーと呼んでいます。こんなこと私しかやってないと思いますよ」。棚をよく見ると、白いインデックスプレートに「JUKEBOX」だの「ANIMAL」、「FOOD」などの文字が書かれている。それぞれのグループには、ジュークボックスがカラフルな光を放ち、動物が登場し、食べ物がうまそうに描かれている。一般的にはアーティストの名前順やアルバム名ごとに並べられているはずのレコードが、ジャケットの絵柄で分類されているのだ。これはありそうでなかった陳列の仕方である。レコードの本質に迫る見せ方だとも言える。

「なぜならレコードの魅力はジャケットなんですよ。モノとしての価値がある。私は、その価値を高めたいと思ってるんです」。棚の切り方の根拠が、レコードの原点的な魅力と完全に一致している。説明を聞きながらレコードたちを眺めていると、まさに目からウロコが落ちる思いだ。

「ルパン三世」と「風の谷のナウシカ」は、アニメ好きをゾクゾクさせるラインアップ。この辺りもArt C Soundtrackの得意分野だ

 この棚(ギャラリー)のレコードには、値段がつけられていない。宮越さんはニヤリと笑う。「お客様と交渉して売ります。これいくらで買いますかと。私はLPのジャケットに芸術、もしくは絵画と同等の商品価値があると思っています。だから、その価値を本当にわかってくださる方に、買っていただきたいのです。まあ言ってみれば、ちょっと変わったレコード屋なんです」。ちょっとどころではないのが実に素敵だ。

「でもこれには欠点があるんです。分ける作業にかなりの労力が必要で時間もかかる。でも、面白いから地道にやってます。かなり革命的な棚作りだと思うんですけどね」。宮越さんは、高い声でケラケラと笑った。「ただ、この特殊性もあるから、ネットではあまり売りたくないんです。ここに来て、私と顔を合わせて話をしながら買ってほしいんです。『ネットで買うな』と言いたいですね」

1960年代、70年代の名画のサントラ、EP盤。マカロニウエスタン「拳銃のバラード」は8000円、アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」は3万円だ

 ジャンルは多岐にわたるが、中にはセクシーなんてのもある。結構きわどい写真が大写しになったジャケットを見せながら、「今リリースするのは難しいんじゃないかな。でも昔は出していた。そんなところも古いレコードの面白いところです」とほほえんだ後、「おおらかな時代だったんですね」と言った。

 ARTS C SOUNDTRACKがそろえるレコードは、店名にあるように、映画のサウンドトラックがその多くを占める。「次に多いのがポール・モーリアなどに代表されるイージーリスニング。映画音楽とイージリスニングで7割ぐらいです」。加えて、ビートルズを中心にしたロックやジャズも多数取りそろえる。モノとしてはレコードをメインにレーザーディスク、VHSビデオ、カセットテープも豊富だ。「ただ、あくまでもうちは、映画音楽がメインと考えていただければと思います」

見ただけで、「ダダンダンダダン」と聞こえてきそうなジャケットの表紙。やっぱりジャケットは大事

 今、時代はレコードを求めていると宮越さんは言う。「CDからDVD、Blu-rayに変わって、音は良くなりました。でもデジタル音を再生して聴くと頭が痛くなる。レコードは違います。音が温かい。人間にとって生理的に良いものと悪いものって、確実にあると思うんですよね」。本当にいい音を知っている人たちがそのことに気づき始めたと宮越さんは頬を緩める。「欧米では、レコードの音の良さは常識になっています。そして、デジタルの音から音楽を聴き始めた人たちにとっては、レコードの音は新鮮みたいですね」

音楽や映画の書籍も充実。最近はパンフなども増えてきた

 宮越さんは一呼吸入れた後、思い出したようにまた話し始めた。「20歳ぐらいの女性が来て、一生懸命ジャズのところでレコードを探していました。あまり若い女性が1人で来る店ではないので、ちょっとびっくりして話しかけてみました。私は彼女に、CDは聴かないんですかって聞いたら、聴かないって言うんです。『私はレコードしか聴きません』って。これって、象徴的な出来事だと思いましたね」。古いものの良い部分が確実に見直されている。宮越さんはそれをしっかりと感じたと言うのだ。「だとすれば、その良い時に戻してやる必要があると私は思うんです。私の店は、そのための発信源だって自負があります」

インデックスプレートは「FOOD/DRIK」「CAR/MOTO
RBIKE」などジャケットの絵柄によって分類されている

 さらに、サウンドトラックを主に扱っている店の主人として、宮越さんは映画の衰退をも憂う。「今、映画は廃れています。まずテレビで以前ほど流れないじゃないですか。淀川長治も水野晴郎も亡くなった。映画を語れる人、語り継げる人がいない。映画館に足を運んで古い映画を観ることも少なくなってる。DVD借りて観ればいいって言うけど、映画なんて一人で見ても面白くありませんよ。大きなスクリーンで隣同士座って観て、帰りに酒でも飲みながら、今観てきた映画の話をしたり、それこそが楽しいはずです。全然共有できてないんです。私は、そこに問題提起をしたいんです」。ここは、それができる土地柄だ、と宮越さんは考える。なぜなら歴史的に音楽や映画を受け入れる土壌があるからだ。近くには、ゴジラの作曲者・伊福部昭さんが教壇に立った東京音楽大学がある。裏の雑司が谷には手塚治虫がトキワ荘から引っ越してきたアパートもあった。「音楽と映画、マンガなどの芸術の原点みたいな土地でもあるんです」

普段は閉まっているので来店するなら電話で予約が必要なアブノーマルな店だ

 最後に宮越さんは夢があると言った。「昭和に流れていた古いけど良い音楽や映画を、この先も『価値のあるモノ』にすることです」

ART C SOUNDTRACK
東京都豊島区雑司が谷3-10-2 ワコード目白1F
📞03-3986-8819
営業時間・定休日:未定、不定休(来店は電話で予約が必要)
https://sound-track.net/

文・今村博幸 撮影・柳田隆司