見て 聞いて 触れて学ぶ地下鉄今昔物語

地下鉄博物館(東京・葛西)

retroism〜article36〜

 普段なにげなく乗っている地下鉄も、ちょっと俯瞰(ふかん)して見ると、ただ人を運ぶためだけのものではないことに気づく。命はもとより、人の暮らしを運び、楽しみ、時には悲しみや苦しみさえも運んできた。そんな思いに駆られるのは、その始まりにおいて幾重にも折り重なった先人たちの情熱や努力や英知に、目を見張らずにはいられないからだ。地下鉄は、彼らの残した掛け替えのない遺産であり、今も生き続ける宝なのである。

昭和初期の車内の風景が再現されている。着物に帽子というモボスタイルは、当時の流行を物語っている

 1986(昭和61)年に開館した「地下鉄博物館」の副館長・足立勝男さんが、優しい語り口で説明を始めた。「日本(東洋)最初の地下鉄が走ったのは、27(昭和2)年上野〜浅草間の2.2キロ。そこから全てが始まりました」

 鉄道が日本にもたらされたのは、言わずと知れた、文明開化の時、1872(明治5)年である。その後、馬車鉄道を経て現れたのが1903(明治36)年の品川〜新橋間を走る路面電車だった。「大正から昭和になると、人口が増加した東京では、自動車の急増とも相まって、まさにパンク状態になりました。必要とされたのが新たな鉄道でした」

地下鉄の父と呼ばれる早川徳次。彼の存在なしに、今の地下鉄はあり得ない

 そこで登場したのが、地下鉄の父と呼ばれる、早川徳次(のりつぐ)だ。この名前は決してシャレではない。とにかくこの男の発想は、奇想天外だった。地上が混雑しているなら、地下に電車を走らせればいいと考えたのである。もっとも彼のこの考えは、元ネタがある。世界最古であるロンドンの地下鉄だ。

 あらゆることは最初のひと転がりが重要であり大変である。彼が苦労したのは、まず資金繰りだった。調査を進めると、個人ではとても無理と悟り、会社を設立して金を調達。なんとか上野〜浅草間の地下鉄工事着工にこぎつける。しかし、この工事が難儀だった。工事をする道具がなかったのだ。あったのは、くい打ち機、コンクリートミキサー、ベルトコンベヤーぐらい。最も頼れるのは人力といった有り様で、土はツルハシで砕きシャベルですくった土砂をトロッコで運んだ。「トンネルを掘っている途中で、下水管の破裂や地盤が崩れるなどといった苦難が、何度もあったと聞いています。当時の人の苦労には本当に、頭が下がりますよ」と足立さんが頭(こうべ)を垂れた。

2017年に国重要文化財に指定されてから、普段は非公開となった。地下鉄が開通した12月30日前、7月の開館記念日、鉄道記念日、文化の日などに特別公開される
 しかし、なんとか工事は進み上野〜浅草間の地下鉄が開通する。その線路を最初に走ったのが、館内にも展示されている1000形と呼ばれた黄色い電車だ。「昭和2年から43年まで走っていました。そのあと保管されて、昭和61年に開館した当館に収蔵・展示されました」

 この車両は、実に画期的だった。「当時の日本で走っていたのとは全く別物でした。木製が主流だった当時、ほぼ車体全てを鋼鉄で作ったのです。地下で火災などが起こった場合に燃えないようにするためでした」。

吊(つ)り手はアメリカ製が使われた。鋼鉄製なので、電車が揺れた時、手が隣の人に接触するのを防ぐことができた

 さらに、自動列車停止装置(ATS)が初めて搭載されるなど、地下での事故を最小限に食い止めるために最新の技術が導入される。しかも、車内は間接照明というあか抜けた明かりで照らし、全てのドアが自動開閉できる仕組みも取り入れられた。つり革も工夫された。捕まってない時には、天井に向かって跳ね上がり、通路や車内全体を広く見せることができた。持ち手がホーロー製で清潔感も抜群だった。

「早川徳次の提案から人力で穴を掘ったことを思えば、感無量だったと思いますよ。何しろ、最新の技術が惜しげもなく装備されたのですから」。足立さんは、古い地下鉄(現在の銀座線)の車両を見つながらそう言った。

ドア脇の上部に付いていた非常灯。銀座線はホー
ムに入る直前に一瞬だけ電気が切れ、同時に非常
灯が点灯した。昭和60年ぐらいまで使われていた

 もう一つ、地下鉄といえば、夏の暑さを思い出す人もいるだろう。特に銀座線、丸ノ内線は最後まで車両冷房が導入されなかった。それにも実は理由があった。原因は、トンネルの幅の狭さと車両の小ささにあった。当時あった冷房設備を載せることはできず、薄型のものを開発しなければなかったからだ。最終的には開発され、全ての車両に冷房が入るようになった。実に、1996年7月のことだった。

改札ばさみを操るリズミカルな音は駅に欠かせなかった。自動改札の電子音とは違う、心浮き立つ音だ

 時代とともに失われてしまったものもある。地下鉄に限らず、電車や駅の風景は昭和とはガラリと変わった。対面で買う切符売り場もそのひとつ。ガラスで仕切られ、話がよく聞こえるように、丸くボツボツの穴があいていた。そこに並ぶ人の列も今では見られない。有人の改札ボックスも姿を消した。駅員さんが改札ばさみをリズミカルに鳴らす音は、必ず駅に響いていた。

 鉄道職員OBである足立さんが、はにかんだような表情で言う。「平成の初めごろまではまだ有人改札は残ってました。完全になくなったのは、平成19年でした。私も、10年ぐらいボックスに入って改札ばさみを操って切符を切ってましたよ。懐かしいですよね

レプリカだが、本当にあった張り紙。こういうことをする輩(やから)がいたことの証明である。言うまでもないが、絶対にダメ!

 地下鉄博物館には、その実物が設置されている。「入館券を買っていただいて、休日は、この改札ボックスにOBが入って切符を切ります」

 初めて地下鉄が走り始めてから九十余年。博物館を巡ると、その発展史は、確かに昭和の我々の暮らしのクオリティーの上昇とも重なる気がする。令和に生きる我々の原点を見る思いがそこにあるのだ。

「なるだけ多くの子供たちに来て欲しいとの願いから、中学生まで子供料金100円で入れます」と足立さん

「この博物館を順番にじっくり回っていただければ、地下鉄の昔と今をよく理解していただけます。子供はもちろん大人の方にも是非来ていただきたいですね」

 ところで、日本初の車両1000形は、2017(平成29)年8月に「機械遺産第86号」に、9月15日からは、国の重要文化財に指定されている。

ちかてつはくぶつかん
東京都江戸川区東葛西6-3-1
📞03-3878-5011
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は30分前まで)
休館:月
http://www.chikahaku.jp/
文・今村博幸 撮影・岡本央

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする