真空管にこだわり25年 ロマンを売るメーカー

株式会社 トライオード(埼玉・越谷)

retroism〜article34〜

 経験を誰かと分かち合いたいと思う。それは喜びが何倍にも増えるからである。「トライオード」の創業者であり代表取締役である山﨑順一さんは、そんな思いから会社を興した。1994年のことだった。セパレートアンプも、創業当時から作り続けている。こちらはパワー・アンプ。天面にあるバイアス確認用のメーターでバイアス調整可能

 原点は、子供時代にさかのぼる。「もともと父親が警視庁の音楽隊にいたので、物心ついた時から音楽は身近にありました」 。高校生になるとオーディオにハマった。そこで、決定的な出来事が起こる。友達が自作した真空管アンプの音を聞いたのだ。「小さなアンプだったんですが、すごくいい音だったんです。その瞬間から真空管の音が忘れられなくなりました」

 音楽とは無縁の業種に就職したが、自作のアンプを独学で勉強しながら作り続けた。高品位の真空管やコンデンサーなどのパーツを求めて海外からも取り寄せた。一つ問題だったのは、1個だけの注文はできず、複数個購入しなければならないことだった。「余ったパーツを売るために、トライオードサプライジャパンという会社を作ったんです。それが、今のトライオードの前身です」セパレートのプリアンプ。4バンドイコライザーで好みの音場にコントロール

 もちろん、山﨑さんの心の中には、ただパーツを売って商売をしたいだけではなく、確固たる思いがあった。「世界中の人に、あの真空管の音を聞いてもらいたい気持ちは大きかったですね」

 勤めていた会社を辞めた山﨑さんは、オーディオの世界へと足を踏み入れた。名の通った会社だったが、辞めることに未練はなかったと山﨑さんは言う。「自分の好きなことですから迷いはありませんでした。悩んでもしょうがない、やるしかないと思いました」  最新作MUSASHIの正面。440ミリ幅のフルサイズ。配線系に余裕を持たせたことで、広大な空間と奥行きも表現する

 こうして始まった「株式会社 トライオード」は、25年を超えた今でも、真空管アンプの専門メーカーとして、日本のオーディオをけん引する存在へと成長を遂げたのである。

 会社を存続させていく中で、山﨑さんにはいくつかの理念がある。まず最初に客に寄り添うことである。「トライオードというブランドの音を決めた自分の顔を見ていただきたい。だから、イベントには極力出て、お客様と直接話しをします。それがブランドの使命だと思うからです。古いと言われるかもしれませんが、作り手がユーザーと共有するべきものをきちんと共有したい、というのが、僕のポリシーです」。それは、地を這うような地道な努力によって、トライオードの知名度を上げてきた山﨑さんの手法と全く矛盾しない。パワー・アンプの背面。スイッチで、音量ボリューム付きアンプに切り替えが可能。4段階の入力ゲイン切り替えスイッチも装備されている

 当初は、直販だけで売っていければと思っていたと山﨑さんは言う。「ところがある時、パイオニアの営業の人に言われたんです。オーディオは、きちんと小売店におろして売ってもらうのが本筋なんだと。そこがターニングポイントでしたね」

 山﨑さんはアンプを手に、自ら全国に足を運び、小売店と話をしながら自分の作った音を浸透させていった。もう一つ、山﨑さんがこだわりるのは価格だ。現在トライオードでは、15〜16製品を製造しているが、最も廉価なアンプは8万円からある。「オーディオは、万人の楽しみのはずです。だから、手ごろな価格で売りたいと考えて実行してきました。買っていただけるのはサラリーマンの人たちが多い。彼らが気楽に買える値段を思うと、あまり高価なものはどうかなと。せいぜい20万円ぐらいに抑えたいと思ってきたし、ずっと貫いてきました」

子供の頃から音楽に親しみ、最終的にも音に関する仕事にたどり着いた山﨑さん。「DNAなんですかね」とポツリと言った

 音に関して言えば、もちろん真空管にとどめを刺す。現実的にも、トライオードは真空管アンプの代名詞として認知されているといっても過言ではない。「中でもこだわっているのは三極管。一番最初にその音にほれたわけですから」。音の特徴は?と聞くと、山﨑さんは即答した。「艶(つや)っぽくてコクがある。どんな音も濃厚に再現します。音色も独特。トランジスターでは絶対に出ない音です」

 オーディオの話をするとき、原音再生という言葉がよく出るが、山﨑さんは違うと言う。「真空管のガラスの響きとか、相乗的に醸し出される音もあります。原音には、ガラスの響きが入っているはずもありませんが、それが真空管の味なんです」MUSASHIには、KT150という極めてパワフルな三極管が搭載されている

 山﨑さんにとっていい音とはなんなのか? 「一人ひとり違うと思ってます。自分の持っているソースをいかに出すか。もし、鳥肌が立つぐらいの音が出せればそれがいい音だと思います」。自分が好きな時に好きな音量で聴けるいい音を実現するのがオーディオ機器だと山﨑さんは力説する。「その音が出せるのが三極管なんです」

 三極管の可能性を探る山﨑さんの挑戦は、今も続いている。「これからの音楽は、アナログで聞くことが増えてくると僕は考えてます。音の情報量が圧倒的ですから。さらに、ハイレゾという音源が出てきた。音楽をダウンロードやストリーミングで買って聞くスタイルです。再生するために必要なのは、その情報量に対応可能なアンプです。今後はさらに、真空管らしさを残しつつ、アンプ全体の性能を上げてワイドレンジに対応していかなくてはなりません」

 そんな中、トライオードは「MUSASHI」と名付けたアンプを世に問うた。「現時点では、MUSASHIがひとつの到達点です。真空管の弱点でもあった、低音が緩んだ感じをほぼ解消してます。ベースやコントラバスなどの低音域は目覚めるほどクリアです。会社を起こして四半世紀、新たな真空管アンプの面白みが出てきたと自負しています」。実際に音を聞かせてもらうと、確かに音はクリアで広がりがあり、実に心地がいい。「大事なのは色気ですよ」と山﨑さんは強調する。

「作っているのは音を増幅する機械にすぎませんが、売っているのはロマンだと思っています。そう考え作ってきて25年たちました」

社屋の入り口には、お馴染(なじ)みのワイン色ロゴマークがくっきりと刻まれている

 今までも、オーディオ機器の中で増幅器の原始的かつ重要パーツとしての真空管にこだわり、独自路線で異彩を放ってきたトライオード。MUSASHIの出現で、今後はさらに目が離せない存在になりそうだ。

かぶしきがいしゃ とらいおーど
埼玉県越谷市袋山609-3
📞048-940-3852
http://triode.co.jp/

文・今村博幸 撮影・柳田隆司

コメント

  1. 町田 公彦 より:

    頑張って下さい。!!
    応援します。

    • SHIN より:

      町田様

      レトロイズム〜retroism visiting old, learn new〜をご愛読いただきありがとうございます。
      創刊して間もないですが、後世に残したいレトロな空間やモノなどを紹介する記事を配信していきたいと思っています。
      ご期待ください。

      レトロイズム編集長・SHIN