演歌と昭和歌謡推し 老若男女が集う老舗店

音のヨーロー堂 (東京・浅草)

retroism〜article33〜

 浅草はいつもにぎやかだ。

「寺のそばを歩けばお経が聞こえてきたり、路地裏では三味線が流れてきたりします。かつてはチンドン屋も日常の中にありました。これらはまさに、大切に残したい『浅草の音の風景』なんです」。演歌や昭和歌謡のCDやカセットを中心に商う「音のヨーロー堂」(以下ヨーロー堂)の店主・松永好司さんが、とても聞き取りやすい澄んだ声で話す。

美空ひばりの新譜とともに、実力派の島津亜矢や2017年に紅白出場を果たした丘みどりを特集した棚。ヨーロー堂ならではと言っていいだろう

 その名残は店にしっかりと現存していた。三味線、浅草オペラ、新内節、小唄などのタグが棚に並ぶ。話芸の伝統である講談や浪曲なども、この店では健在だ。「ここ10年ぐらいの間に出た大道芸や浅草オペラのCDは他ではあまり見かけないと思いますよ。音楽って語り継いでいかないと消えちゃう。浅草的な音を絶やすのは忍びないんです」

今を時めく演歌歌手のポスターが、店内にたくさん貼られている。彼らを精いっぱい応援している松永さんの気持ちがひしひしと伝わってくる

 ヨーロー堂が創業したのは、大正元(1912)年である。初代が岐阜県養老郡の出身で、東京に出てきて時計店を開く。時計はゼンマイで動くことから、同じゼンマイで動く蓄音機も扱いだしてレコード店へと移行した。「レコード店のルーツにはいろいろあります。蓄音機などが高級志向のぜいたく品でしたから、同じ高級品である宝石店からレコードを扱う店になることもあります。うちは時計店から始まりました。まだ蝋(ろう)管があった頃だそうです。今ある古いレコード屋の多くが、一等地にあるのは、同じ理由によります。うちはまだその流れを守っているということになりますね」

カセットテープの人気はいまだに根強く、カセットでなくてはダメと言う人もいる。演歌や歌謡曲を中心にラインアップされている

 独特な雰囲気が漂う店内は、いるだけで心が浮き立つ。「この空気は、作って演出しているわけじゃありませんが、残ってしまったというのが正直なところです。でも、残せて良かったなと考えています」。その理由を語る松永さんの表情は心なしか輝いて見えた。「私自身も古いものが好きなので、改装しなくてもいいかなと。昔のものを残す良さをわかっているつもりだし、残すべきだとも思いました。新しくするよりも労力はかかりますが、間違いなく意味があることなんです」。浅草という風土の中で、この雰囲気が残ったのは、必然でもあったと、松永さんはほほえんだ。

ホールの壁には、懐かしさで胸に熱いものがこみあげるようなポスターがふんだんに貼ってあり、雰囲気をさらに盛り上げる

 新譜も充実させたいという気持ちの一方で、松永さんは、昭和歌謡や浅草の音楽を残していくのが使命でもあると考える。「レコード屋は最先端の商売だから、どんどん新しいものを入れるのが正道です。でも今までリリースされ、聴き続けられている音楽を極めていきたいというのが当店の柱の一つです。店の雰囲気と扱う商品が一致している自負はありますよ」。昭和歌謡も豊富だが、特に演歌に力を入れるのには、松永さんが心に秘める確固たる信念があるからだ。「演歌は、長い歴史を持っているわけではありませんが、昭和音楽の象徴でもありますし、いまでも根強いファンがたくさんいらっしゃって、受け継がれるべき音楽なんです。でも誰かが意識的に繋ぎ止めておかないとまた衰退してしまう。そんなはかなさがあるのが音楽でもあります」。ひと頃の、昭和歌謡や演歌が苦しかった時代は過ぎ、今また盛り上がり見せている、と松永さんは言う。

店主の松永さん。昭和の邦楽の中で輝いていた演歌を中心に、「浅草らしい音楽を残したい」と力強く語ってくれた

「最近の歌手の中で起こっているのは、演歌や伝統芸能、伝統話芸という昭和の文化を、新しい解釈で発信していこうという動きです。昔のままで保つのも大事ですが、昔を忘れることなく新しいい音楽を生み出す流れも確実にあるんです。私はそんな人たちを応援していきたいのです」

 また、カセットテープをしっかりと置いているのもヨーロー堂の特徴である。「年配の方にとって、カセットテープは使い慣れたメディアです。だから、私の店では、ないがしろにできないアイテム。踊りやカラオケの練習には、同じ場所を何度も繰り返して流す必要があって、カセットテープはその意味でも、キュルキュルと簡単に戻せるという、使い勝手の良さもありますね」

小さいながらも舞台があり、客席も用意された2階のホールは、浅草の香りがプンプンする。プロモーション時には、客であふれるという

 さらに、ヨーロー堂には、一般のレコード屋(CDショップ)にはない、独自のスペースが存在する。入り口すぐ右側にある階段を上がると、懐かしさ感満載のステージと客席が用意されているのだ。20年ほど前に作られ、演歌歌手がプロモーションをする場所だ。そこには浅草のど真ん中で店を張ってきた、松永さんの強い気概が詰め込められている。「20年ぐらい前、演歌や歌謡曲が衰退していた時期がありました。ちょうど氷川きよしさんが注目され、山内惠介さんが出てきたりと、新人が頑張っていた頃でもあったので、こんな素敵な歌がありますよ、と自分の店から情報発信をしたかったんです」 

  昭和の時代、若手の演歌歌手がレコード屋でキャンペーンを行うのは当たり前だった。平成になり、そんな慣習も少なくなった時、これだけ立派な舞台があって客席もある店はなかった。「プロモーションなのでCDを買っていただきますが、その上でお客様にも楽しんでいただければと思っています」

雷門から歩いてすぐ、浅草のど真ん中に店はある。比較的年齢層の高い客が、ひっきりなしに出入りしてにぎやかだ

 年配の客も多くCDやカセットテープを買いに来る。店内にあふれるのは、「音楽は若者だけのモノではない」と、いう老若男女の共通の高揚感だ。

 聴くジャンルは違えども、老いも若きも音楽を楽しんでいたのが昭和。そんな輝ける時を思い出させてくれるのがヨーロー堂なのである。

おとのよーろーどう
東京都台東区浅草1-3-6
📞03-3843-3521
営業時間:午前10時30分〜午後7時
定休日:木

文・今村博幸 撮影・柳田隆司