童心に帰れる稀有な独楽の専門店

独楽の店 こばやし(東京・広尾)

retroism〜article23〜

 子供は、遊びから学ぶ。今も昔も同じだ。しかし、かつての遊びの中から学ぶものは、今より大きかった気がする。

 アーケードゲームやテレビゲームなどの電気を動力源としたゲームがなかった時代、男の子の遊びの代表といえば、独楽とメンコだ。そんな独楽(こま)を専門に扱う稀有(けう)な店が広尾にある。「独楽の店 こばやし」だ。

江戸独楽の福島保さんの作品。「ピエロ 玉乗り」両手に持っている独楽は外れて単独で回せる

 最初は、建具屋に嫁いだ小林ひさ子さんが、店舗にあるガラスのショーケースに独楽を並べたのが始まりだった。「問屋さんに、『木製のオルゴールがあるんだけど、販売してもらえないか』って聞かれて、売るようになったのよ。それがきっかけで、木のおもちゃって面白いなぁって思ってね」。親戚に独楽好きがいたこともあって、木のおもちゃの中でも、独楽の楽しさ、美しさに目覚めたのだと言う。「暇を見つけては、独楽の産地を巡って買い集めたりしているうちに、だんだん増えていっちゃって」

声をかければ、ご主人と奥さんが一緒に勝負し
てくれる。独楽で遊ぶ時は大人も必ず子供に戻る

 独楽の店を始めたのは、1983(昭和58)年のことだった。うなぎの寝床のような店の両側に備えられたガラスケースの中には、全国から集められたさまざまな独楽が並ぶ。曲芸するピエロ独楽は、それぞれの部分が外れて単独の独楽になる。回すと、残像で富士山が現れる独楽もある。木で作られた、工芸品と言っていい独楽は見ているだけでも楽しい。独楽の中でもベーゴマが一番面白いと、ひさ子さんが断言する。「勝負ですからね。取ったり取られたり、スリルがありますよね」

かつてベーゴマで遊んだ人は、独楽同士が当たる、「カチッカチッ」という音を聞いただけで、懐かしさが込み上げるはずだ

 当時の子供たちは、所有するベーゴマをいかに強くするかに心を砕いた。独楽の上面にろうやハンダを溶かして乗せたり、八角形の各辺をヤスリで磨いて角をとがらせたり、さまざまな工夫をした。ベーゴマを強くする方法は、近所のお兄さんや、おじさん、仲間たちからもたらされた。負けた時には、次には取り返そうと必死になった。地道な努力、闘争心、負けた悔しさを教えてくれたのがベーゴマだったのである。

ベーゴマいろいろ。小さいが存在感抜群。手の平でかんじる鉄の感触と重みが、好きな人にはたまらない

 しかし、ベーゴマ自体が昔と変わった、とひさ子さんが目を伏せる。ベーゴマの存在感は、ずっしりとした重みだったはずだが、非常に軽くなったというのだ。「それと値段がすごく高くなっちゃった。昔は何十円の世界でしたけど、今は1個250円もします。小学生にはちょっと高すぎます」

 ベーゴマは一度、絶滅の危機に瀕(ひん)したことがあった。ひさ子さんが解説する。「川口の鋳造所で多く作られていましたが、老朽化で型がダメになっちゃって、作り直さなければならなくなったんです。だから作るのをやめるって工場は言ってたのですが、愛好家になんとか続けてほしいと頼まれたそうです。結果、作り始めたのはいいんですが、そのせいで値段が上がってしまったんです」

透かし独楽。富士山が世界遺産になった時に作られた。回すと雪をかぶった富士山、夕日を浴びて赤い富士山などに見える

 それでもベーゴマが残っていること自体に意味がある。遊びとしては単純だが、技術を身につけるための多少の練習が必要なところが、男心をくすぐったし、今でもくすぐられる男の子がいると信じたい。

 突然、ひさ子さんから、「ちょと勝負してみますか」と提案され、奥から建具職人のご主人の吉治さんを呼んでくれた。実を言うと筆者の小学校低学年の頃の遊びは、ベーゴマが中心だった。だから、多少の自信はあったが、何しろ何十年ぶりと言うブランクがある。吉治さんは、「覚えてる?」と言って、ニヤリと笑い、「大丈夫だよ。すぐに思い出すよ」と慰めてくれた。

極小の独楽。もちろん回すことが可能。ひょうたんのケースに入っている

 程なくして、吉治さん、ひさ子さん、筆者の3人の勝負が始まった。顔つきは、誰もが勝負師だ。シートを張った台の上に、3つのベーゴマが放たれた。手に汗握る攻防が繰り広げられたが、勝ったの吉治さんの独楽だった。「悔しいなー」と思わず叫ぶ筆者であった。が、何回か対戦が行われている間は、いい歳をして、すべてのこと忘れた。気がつくと、空が赤く染まっていた。子供の頃と同じ風景を見た気がした。

元々は建具店。店のほとんどのスペースは「独楽の店 こばやし」のために使われている
 独楽には、ひもを使うものと手で直接回すものの、大きく分けて2種類がある。しかし、いずれも、回せるようになるには練習が必要だ。できなくて諦めたらそこで終わる。面倒なことはなんでも、機械やコンピュータがやってくれる今のご時世、我々は「労力を使ってできるようになる喜び」を忘れてはいまいか? 

 童心に帰り、そんなことを思い出させてくれたのが、小さな1個の独楽だった。

こまのみせ こばやし
東京都渋谷区広尾1-15-1
📞03・3441・7772
営業時間:午前8時〜午後8時
定休日:日
文・今村博幸 撮影・柳田隆司

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする