落語界のレジェンドが愛した純喫茶

喫茶 楽屋(東京・新宿)

retroism〜article18〜

 寄席と噺(はなし)家に関わる錚々(そうそう)たるビッグネームが登場する「喫茶 楽屋」創業の物語は、近現代落語界の一大絵巻といった様相を呈する。

入り口の大きな提灯(ちょうちん)が目印。階段を上がると店内

 まず、新宿末廣亭は、1897(明治30)年に「堀江亭」として創業した。末廣亭になったのは、1910(明治43)年、名古屋の浪曲師・末広亭清風がこの場所を買い取ったことで、「末広」の名が使われるようになってからのこと。何回か焼失と再建を繰り返したが、先の大戦で再度焼失した。建築士で宮大工の棟梁(とうりょう)だった北村銀太郎氏が1946(昭和21)年、新宿末廣亭として再建し、現在に至っている。彼は、8代目桂文楽の師匠である名人5代目柳亭左楽師匠と親しかった。楽屋の3代目石川敬子さんが、ハキハキと解説する。「北村銀太郎は、左楽の一人娘だった私の祖母と結婚したので、祖父に当たります。この建物を作り、末廣亭の初代席亭に就任したのが銀太郎でした」

ハキハキと話す3代目の石川敬子さん。母親の前に祖母が少しだけ店に入っていたので3代目。彼女がハンドドリップで淹れるコーヒー500円は絶品

 今、喫茶楽屋がある部分の土地が空いていたため同時に購入し、芸人たちの楽屋として使っていた。「2階に祖父母と私の母親が住んでいました。母親は箱入り娘で、会社勤めはダメと言われて、この2階の空いているスペースを使って、喫茶店をすることになります。昭和33年のことでした。それが喫茶楽屋の始まりです。母は料理が好きだったので、本当は料理教室をやりたかったみたいです。でも、新宿のど真ん中で、生徒も来ないだろうということになり、喫茶店にしたそうです」。もともと芸人たちの楽屋だったから「楽屋」でいいんじゃないの、とその名がついた。「母は最初その名前も嫌がったみたいですね。今となってはよかったねって言ってます。芸人さんたちは、楽屋だから入りやすい。何よりここには、楽屋や寄席の匂いがします。だから芸人さんたちが気楽に来てくれるんです」

グリーンの椅子は硬さがちょうどよく座り心地が抜群。当然ながら、これらの椅子に多くの噺家たちが座ってきた

 実際に、寄席で噺をする落語家たちが頻繁に訪れた。若かりし頃の8代目橘屋円蔵師匠や、四角い顔でペヤングソース焼きそばのCMでも人気だった桂文楽師匠は、大師匠がコーヒーを飲んでいるのを立って待っていた時代もあった。「当時、柳亭左楽の孫がやってるお店なんだから、お前たちなんかが入れるところじゃないんだぞ、みたいな厳しい師弟関係があったみたいですね」。戦後の落語界で繰り広げられた人間模様を見ることができた場所でもあったのだ。

 ビッグネームが関わるものが、この店にはもうひとつ存在する。壁に貼られたメニューの作者である。「メニューは、寄席文字の創始者とも言われる橘右近師匠とその弟子の左近師匠の直筆です。ファンの人がわざわざ写真を撮りに来るほどですが、あげるわけにもいかないし、売るわけにも行きませんからね」。そのメニューに書かれるラインアップも、餅やそば、うどんと個性的だが、確かにかつての喫茶店には、こういうメニューが存在していたように思う。コーヒーも飲める、日本茶も飲める、甘いものや軽食は、日本風が多かったのだ。カラフルだが少し古くなっているのが、右近師匠の作。そして比較的新しくきれいなのは弟子の左近師匠の作だ。中央に見えるキングコーヒーは、室井馬琴師匠の命名。量が多めのコーヒーだ

 喫茶楽屋で供される飲み物や料理は、出来合いのものはほとんどない。きちんと手がかかっているからどれもうまい。だから、舌の肥えた芸人や噺家にも支持されているのだ。コーヒーは、注文が来てから豆を挽(ひ)き一杯ずつハンドドリップで落とす。豆は創業当時から全く変わらない大手メーカーの最高級ブレンドだ。敬子さんは、ハキハキと言う。

「60年間一度も変わってません。味が母や私の口に合ってるし、変える理由もありませんから」。アイスコーヒー用のガムシロップは手作り。そばやうどんの出汁も宗田鰹(かつお)と鯖(さば)節でとり、返しも店の裏で作られる。今時、喫茶店でそこまで手をかけてる店は少ない。まさに、昔ながらの店なのだ。

階段の壁に貼ってある深夜寄席のお知らせ。若
手の研究会、勉強会も兼ねているが、まもなく
真打になるベテランも出演。入場料は1000円

 そして、なんと言ってもこの店の特徴は、噺家と芸人たちがくることによって作られる、どこにも真似(まね)のできない雰囲気にある。「昔で言えば円蔵師匠や(柳家)小さん師匠、今なら、ナイツの塙くん、(三遊亭)小遊三師匠、(春風亭)昇太師匠、(林家)木久扇師匠もいらっしゃいますよ。数え上げたらきりがありません。彼らは高座の間に休みに来て、バカっ話でくつろぎ、気分をリセットしているみたいです。長居はしません」。敬子さんは一息ついた。「芸人さんは来ないんですか、なんて聞くお客さんがいますが、いてもせいぜい20分程度。だから会える確率は少ないですよ。そもそも、噺家さんも芸人さんもそんな暇な人はいませんからね」

60年の間に一度だけ買い換えた。「電気じかけじゃないから壊れないんです」下のボタンを押すと、希望の金額が素早く出てくる優れもの

 そんな場所ならば、悲喜こもごもがあるのだろうと思いきや、答えはノーだった。楽屋には、涙や憎しみは存在しない、と敬子さんは言う。あるのは笑いだけなのだ。「昔も今も、けんかなんか誰もしません。だって、席亭である大旦那さんの孫がやってる店ですよ。そんなことしたら一発で出入り禁止です。また、芸人さんも噺家さんも泣いてる暇なんてありません。あるのは笑いだけ。ただ、一度だけ、(古今亭)志ん朝師匠が亡くなった時に、(林家)こん平師匠と木久扇師匠かな、大酒飲んで泣いてたことがあります。で、酔っ払ったこん平さんが何度もお金を払おうとしたってのがありました。もらっちゃおうかなってちょっと思いましたけどね」

メニューには、そばやいそべもちなどの変わったメニューも。特にそばとうどんは本格派でファンも多い 

 末廣亭がいつも笑いが絶えない場所であるとするなら、喫茶楽屋は、昭和の落語界で名を馳せた噺家たちが心と体を休める場所だった。と同時に、落語や漫才の知られざるもうひとつの舞台なのだ。

きっさがくや
東京都新宿区新宿3-6-4 2F
📞03・3351・4924
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:月2回不定休
文・今村博幸 撮影・柳田隆司

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする