懐かしの玉電に合える唯一無二の私設資料館

玉電と郷土の歴史館(東京・二子玉川)

retroism〜article10〜

 「おっ、写真撮るの? だったら帽子かぶらなきゃ」そう言って、マニアなら垂涎(すいぜん)であろう帽子を頭にポンと乗せる。東急電鉄がかつて使用していたモノだ。そして間髪を入れることなく、「玉電と郷土の歴史館」館長・大塚勝利さんのマシンガントークがさく裂した。「俺は、なんに対しても好奇心があるの。モノがない時代に育ったからかなぁ。幼い頃は、買えないものがたくさんあった。大人になって小遣いで買ったり、もらったりしてモノが増えていったんだ。なおかつ捨てることが嫌い。だからますますたまっちゃったんだね」

入り口を入ってすぐ右手に玉電の運転台があるが、位置は蕎麦屋の時から変わらない。つまり、蕎麦を食べる客をまず迎えたのはこの運転台だった

 今、この歴史館には、2000種類のありとあらゆるものが展示・収蔵されている。玉電の運転台をはじめつり革や切符ホルダーなど電車関係、蓄音機、レコード、プラスチック・陶器・ブリキなどでできた赤いポスト、崎陽軒のしょうゆ入れひょうちゃん」、ビール瓶、レコード針……。とにかくあらゆるものを所有しているのだ。歴史館に展示してあるものは、全体の5〜6%ほど。あとは、まだ倉庫にしまってあると大塚さんは得意気だ。「男ってさ、なんだかんだ集めるじゃん。男のロマンだって思ってたのよ。家族からは、ごみみたいの集めて何やってんのって言われながらね。ところが、歴史館を開いたとたんに新聞社とかテレビ局から取材を受けるようになってさ。家の中での地位が上がったな、と自分で思ったね。まあ、自分で言ってりゃ世話ねーか。ははは」。会った時から輝いていた大塚さんの目がさらに輝いた。

切符売り場で使われていたものを切符付きで譲り受け、展示している。大塚さんの熱意にぼだされた人によって贈呈されたものだ

かつて東急電鉄社員がかぶっていた帽子が、大塚さんのトレードマークへと生まれ変わり、今でも「現役」だ

「玉電の運転台にはやっぱり思い入れがあるよ」もともとは蕎麦(そば)屋だった。三軒茶屋の蕎麦屋で修業し、1970(昭和45)年に「大勝庵」を独立開店。商売が落ち着いてくると、それまで集めていたものを店内に飾るようになった。「お客さんの中には興味を持って話しかけてくれる人も多くてね。ある日、東急電鉄の人が来たんです。『あなたの欲しそうなものもに出合ったら、俺覚えておくよ』って言ってくれた。その後に、またいらしてくださって、『ああ。まだ飾ってるんだね。だったら99(平成11)年まで走ってた電車が、要らなくなって解体するから運転台だけでもあげるよ』って。うれしかったなぁ」

 玉電の運転台をあげると言う方も言う方だが、もらっちゃう方もすごい。以来、玉電の運転台がある蕎麦屋として営業を続け、2011年、病気をきっかけに店の営業をやめて、歴史館にすることを決意した。「蕎麦屋も通算42年間やったし、苦労もあったけど一生懸命頑張った。第二の人生として、自分が本当にやりたかったことやってもいいんじゃないか。今まで好きで集めたものを飾って、いらしてくれた人とトークしてれば、ボケないだろうと思ってね」

大塚さんは、筋金入りの石原裕次郎ファン。「憧れだったねぇ」と感慨深げに言う

 歴史館を設立すると、たくさんの人が来た。「新聞社とか鉄道ファンとかが、写メをネットに上げてくれた。すると、『いつ開ける』って問い合わせが殺到したんだ。最終的にオープンしたのは、その年の12月10日でした」歴史館を始めてすぐに、東急電鉄からオファーも舞い込んだ。「歴史館を含めたスタンプラリーやりましょうって、言ってくれたんだ。自分は第二の人生のつもりで始めたけど、誰からも声もかけられないんじゃ寂しいじゃん。だから幸先よかったんだよ」

玉電の資料や写真がびっしり詰まった世界に一つ
だけの手作りのスクラップ
ック。一度紛失した
が後に戻った。帰るべき場所を知っていたらしい

 大塚さんが集めたものの中で大切なものが二つある。一つは、玉電の運転台。もう一つは、自作のスクラップブックだ。1969(昭和44)年に玉電がなくなると知ったのはその2〜3年前だった。「かつての大山街道、今でいう国道246号から玉電がなくなったら、どんな風景になっちゃうのかと自分で勝手に空想してみたけど、なかなか想像しできなかったんだ」大塚さんは昔を懐かしむように、穏やかな表情で続ける。「とにかく、なくなる前に写真でも撮っておこうかなと、玉電で渋谷に行き、そこから二子玉川園まで、街の風景写真を撮りながら歩いたのよ。それをスクラップブックに貼ったんだ。データや当時の新聞の切り抜きとかを添えてね。そもそも切り取って貼るのが昔から好だったのも幸いしたな」当時は、歴史館を開くなど思いもしなかった。「やっぱり一つひとつやってきたことが、身になったんだなって思うとうれしかったよ」もちろんスクラップブックも、歴史館が所蔵する貴重な資料のひとつ。訪れる客に、擦り切れるほど見せてきた。

 レコード針のケースやEP盤アダプターなどが大量にある。
これらも捨てられ
ない大塚さんならではのコレクションだ

 しゃべり続ける大塚さんが、咳(せき)き込んだ隙に、大塚さんにとって玉電とはなんなのかを質問してみた。「子供の頃、それまで見た中で玉電が一番大きな物体だったよ。姉が三軒茶屋に嫁いで、俺も同じ三軒茶屋で蕎麦屋の修業をした。玉電は常にそばにあったんだ。二子玉川に店を出したのが玉電がなくなった翌年。考えたら、玉電にはずっと縁があるんだよな」大塚さんは、歴史館の真ん中に座り、客を迎え続ける。

無数のコレクションの中から月ごとに特集を組んで展示。その告知も、歴史館の表札も手作り感てんこ盛り

「結局、人が好きなんだろうな。ここで出会う人は、生まれも育ちも職業も違う。歴史館やってなかったら会えなかった人たち。これも、蕎麦屋をやってたおかげだと思ってますよ」と微笑みながら、「俺、今すごく幸せです」と断言した。大塚さんの目がまるで子供のように輝いていた。

たまでんときょうどのれきしかん
東京都世田谷区玉川3-38-6
📞080・1227・6158
営業時間:正午~午後3時
定休日:月・水・金

文・今村博幸 撮影・岡本央

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする